スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Taylor-Made] - ... (Billiard)

resize0366.jpgAshton [Taylor-Made] - ... (Billiard)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
24g 28mm 30mm 39mm 18mm 36mm 45mm 76mm 145mm 127mm
Left
nil
Right nil
Bottom Taylor-Made MADE IN
         ENGLAND
Top nil
Stem (red dot?)



resize0363.jpgresize0367.jpgresize0358.jpg

未確認だがどうやら現行 Taylor-Made はハイエンドのオーダメイドにのみ冠されるらしいので、この Taylor-MadeAshton のカテゴリに入れて良いものかどうか悩んだが別枠用意すんのも面倒なのでココで。


resize0361.jpg現行のハイエンド、Ashton 創立後(一九八〇年代後半?)のセカンドライン (Taylor-Made に続いて by Ashton の刻印があるらしいが…)、そして Ashton 創立前、未だ Bill Ashton-Taylor が Dunhill に勤めながら片手間でパイプリペア等を細々とやっていた頃、と Taylor-Made は三つに別けられる様だが、今ではあまり見掛けない真っ赤なステインやステムのドットが左横に位置する事等から、これは一九八〇年前半の、云わば pre-Ashton の頃のものと思われる。


resize0354.jpg入手前写真で見た限りでは、溶けたか欠けたかでちょっと欠損してるんだろな、とあまり気にして居なかったんだが、届いてみて驚いた。


resize0355.jpg煙道迄ボッコり貫通した穴に、何か知らんジッポのフリントの様なモノが突っ込まれただけで、そのフリントもちょっと突いたらポロって取れよった。いかん。喫煙自体は指で押えりゃなんとかナるが、このままでは A/R メソッドが使えない。< 何か間違ってます


resize0356.jpgresize0357.jpgト云う事で急遽手前味噌リペア。綿を切った綿棒の棒の部分を煙道に突っ込んで内側から押えながら、練ってから細くしたプラモデル用エポキシパテをギャップの出ない様しっかり押し込み、最後に少しだけ窪みを付け、化粧代わりにツライチになる迄 Rub'n Buff を塗り込んでみた。


resize0360.jpg本来この頃の Taylor-Made は赤いドットだったらしいが、わざわざ赤色の Rub'n Buff をこの為だけに買うのも面倒臭い。ト云う事で手持ちの Antique White でやっつけたが、これはこれで磨き上げるとなかなかどうして良い色になったw


resize0359.jpgresize0362.jpgpre-Ashton と判断したも一つの大きな理由は、ステムが Ashtonite (一九九六年導入)ではなかった点。さらに細部を挙げれば、現行 Ashton では考えられない(w)程薄く咥え心地の良いリップや細く端麗に伸びたシャンク等、米国市場を意識していない形成等も。


resize0364.jpgresize0368.jpgresize0365.jpg

こっから先は憶測のさらに憶測。残念ながら現行 Ashton に感じる Oil Curing と同等の味は確認出来なかった。はい今日から Ashton ね、と成ったその日から Oil Curing をヨーイドンで始めたのではないだろうから、それ以前からも何かしらの Curing は施していたのかもしれないが。実際、(現行イタリア系によくある)辛味があって固い味の中に、加熱系 Curing に似た華やかながらも根底に流れる甘味があるし。そういう意味では今の Oil Curing には確かに繋っているのかも。全然間違ってるかもしれませんがw


スポンサーサイト

COMMENT

 
話は別なのですが、良いdunhill120を手にいれられましたね~。
到着したら、是非このページにアップしてください。
楽しみにしております。
よよよ、shell-freak レーダーに引っかかってましたかw

ずぅうぅーっと120と56は一本は欲しいと思っていて、56のほうは56年のものですが先日落札できたんで(これは多分来週うp)、あとは120だなぁ、と虎視眈々とw

で、あのぬめぬめした面持ちというか、へたすっと500年ぐらい雨風に晒されてたんじゃね?ってぐらいの有機的なうねりに惚れましてw

けど、実は諸般の事情で、やっぱり張らずに寝よう、としたのですが、スナイプ設定をキャンセルするのを忘れてて、起きたら(当初の設定よりやや下回って)落札してた物件だったのでした。

普通にシッピングされ、順調(?)にレストアが進めば、多分3週間後かそこらにはうpできると思うです。

ていうか Ashton の話じゃないwww
是非々々、喫味の方のレポも詳しくお願いしたいです~。
あのクラッギーなサンドブラストが長年の使用によって
摩耗した感じは私が最も好みの風情です。
今度お会いする時には是非、拝見したいですね~。
ヨロシクです。
http://www.pipephil.eu/logos/logo-t1.html

look at "Taylor Made"
and that say "Brand of Bill Ashton-Taylor when he leaved Dunhill and before he created the "Ashton" brand. "

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。