スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルふきん

resize0305.jpgイボタ蝋を染み込ませたつやふきんがあるのなら、カルナバ蝋を染み込ませたカルふきんがあっても良いじゃないか、ト云う事でやってみた。鉄皿に直火で溶かしたカルナバ蝋を布地にぶっかける方法が一般的だとは思うのだが、どうも普段の癖で手元が狂うのか上手く均一にぶっかけられないので、一工夫。用意するのはふきんとフレーク状のカルナバ蝋。


resize0306.jpg遣り方は簡単。中央に付近にパラパラとフレーク状のカルナバ蝋を振り掛けて…


resize0307.jpgresize0308.jpg小さく畳んで…



resize0310.jpgresize0309.jpgアルミホイルで包んで、オーブンで熱するだけ。中央付近に振り掛けたのは、全体に振り掛けるとなかなか溶けない事と、畳む際に寄ってしまって結局布地に均一に馴染まない事から。ちなみにオーブンの温度は二三〇度、時間にして(予熱時間を除いて)だいたい七分~一〇分。


resize0311.jpgちなみのちなみに上画像にある様な糸でなく布地直へペイントされた布だとちょっと浸透し難かったりするので、たまたまチキンラーメンのセール中に連られて貰ったは良いがまったくもって使い道が無い、トかでナい場合は、無地の布の方が望ましい。この画像左の黄色いのは、効果の薄れたつやふきんを使って作ったカルふきんだが、実際この方が布地がある程度柔いまま浸透したからか、非常に使い勝手は良かったり。


resize0312.jpg今回用意したカルナバ蝋は東急ハンズで五〇グラム/千円弱だったが、手づくり自然塗料ト云うブランドだと、同質(カルナバ蝋一号)のモノが一五〇グラム/六三〇円で手に入るので、こっちの方がお得かも。ああ最近知ったのさ。ちなみのちなみのちなみに左に見えるペースト状の、もしかして halcyon II や paragon の代りになるかもと勇んで買ってみたんだが、ピーチ香料が強烈でとてもパイプに使えたモンじゃないのでお勧め出来ない。


スポンサーサイト

COMMENT

 
地元のハンズには置いてなかったのよね。カルナバ。
で、通販したんだけども、3,465円/kgと割安でした。
・・・1kgも使い道がない上に、子供のコブシ大ブロックの袋詰だったけどな。どないせーちゅーんじゃw
オフ会で配布、若しくは、くさふり印のかるふきんとして売り出す、とかw

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。