スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMR DAY FIVE - you say Tuesday, I say choose the day

as5.jpg…突入する、とか思わせぶりな事書いといて申し訳ないが、DAY FIVE の A/R メソッドの詳細は YOBのアルコールレトルトメソッド を参照して貰うとして、本エントリは件のキットを使い続ける事でダレもが経験する、ジャパンクオリティ故の、コットン対策について少々紹介したい。

bs5.jpgキット付属のコットンはマシュマロ大に丸まったものだが、米国内ならそこいらのスーパーで簡単に揃うであろうこのコットンが、日本国内だと、その粗悪さ故か、非常に入手困難で、国内で入手出来るのは左の様なカット綿ばかりで、困りの御仁もいらっしゃるだろう。単純にぐりぐりと突っ込めば済むかもしれないが、その状態だと綿の密度が高くなり、一発目のオッススポーンと抜けかねない。


cs5.jpgds5.jpgで、ココで一手間。先ず左の様に半分に千切ってからこの二枚を重ね、右の用にくるくると撒いてゆく。

es5.jpgこの筒状の状態では千切った後が火皿内で無駄に広がって、流入してきた気化したアルコールを必要以上に吸い上げてしまうので、掌か平らな箇所で、左の様に軽く擦り、丸くする。そんだけ。火皿径の大きいものは千切ったカット綿の枚数を適宜調整すれば良い。



fs5.jpg後は前出のアルコールレトルトメソッドにある手順に沿って心ゆく迄存分にオッス!!連呼を楽しむだけ。

さああと一息!






…GMR DAY  SIX  へつづく…




スポンサーサイト

COMMENT

 
レポ楽しく読みました。
あの、自分の所有するパイプでS/Aをかけても一向にカーボンがやわらかくならないのがあるんですけど、そういう時はどうしたら良いでしょうか?お忙しくなければ教えてくださいませ。ませ。
一旦荒削りした後かける S/A と、そのまんまの状態でかけた S/A では、後者の方がカーボンは削りにくい、という印象はあります。
「カーボンが柔らかくなる」といっても、ごりごりと粉状に削れてゆくのではなく、鰹節の様な状態でパイプ用ナイフで簡単削れる、程度で、ぐじゅぐじゅと柔らかい状態にはなりまへん。
あと、丁寧にブレイクインされている物件だと、火皿底近辺は確かに削りにくいんだけど、そんな時はもう諦めていますw
GFO で見たのか pipes.org で見たのか忘れましたが、スタンメルをアルコールにドブ漬け一週間、みたいなツワモノもアチラにはいらっしゃるようです。
自分が所有しているカーボンを削りにくいパイプは、多分、非常に丁寧にブレイクインされたのかも知れません。S/Aをかける前も後もカッチカチでして。。。アルコールにドブ漬けですか、ちと怖いですね。

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。