スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PEBBLE GRAIN] - XX (1998)

resize0128.jpgAshton [PEBBLE GRAIN] - XX (1998)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
49g 33mm 37mm 50mm 18mm 42mm 45mm 76mm 145mm 134mm
Left
nil
Right nil
Bottom (XX) Ashton              MADE IN     18
     PEBBLE GRAIN ENGLAND
Top nil
Stem one dot (silver and briar inlay)



resize0127.jpg東にアンスモークがあれば、躍起になって落札し、西に汚れたリムがあれば、入手して丁寧に仕上げ、南に既に十分に集めたメーカの出品があれば、他人に譲るでなく大人気無くスナイプし、北に現代でも十分に旨いパイプがあると聞けば、逝ってそれを自ら確かめる。ト云う事で、近年特に北米で人気の高い深く味のあるブラスト仕上の Ashton の PEBBLE GRAIN。めっさ格好良い。


resize0126.jpg一番右端に打たれた "18" の一桁目の "1" は一九九〇年を、二桁目の "8" は八年を現す様なので、これは一九九八年のもの。サイズコードは "XX" と Ashton のラインナップとしては中間だが、十分デカいので、パイプスモーキングを、修行とかプレイとか、そういったタグイの生業にしている人以外にはこれ以上のサイズはお勧めしない。


resize0129.jpgヒールからシャンクにかけてやや水平に連続してからステムへと流れる造形は視点に拠ってはオームポールの様にも見えるが、そこからの角度で所謂ベントビリヤード寄りに収まっている。ベントビリヤードなどト云うシェイプなぞ存在しない、ト云う人はこれをどう呼ぶのかは知らんけど。


resize0130.jpgOB 氏を「本当に知らないの? ネタ?」と困惑させた程、Ashton についてはマウスピースの材質として世界的に有名な Ashtonite ト云う単語すらつい先日迄知らなかったのだが、ヴァルカナイトとアクリルを混合させたその咥え心地は成程ヴァルカナイトの様に柔らかく、そして光沢はアクリルの様に何時迄も続く。ちなみに A/R で白く粉が噴くト云うアクリルの部分はしっかり引き継がれているので、A/R 後の研磨は必須。


resize0125.jpgマウスピースの銀とブライヤのインレイによるロゴは無骨ながらも仄かにエレガントで、他所で在りそうで無い存在感がある。


resize0131.jpgリップはやや厚めでせっかくの柔らかい咥え心地を邪魔している。いやむしろ、好きな薄さ迄勝手に削ればエエんじゃね、的な意思すら感じられた。またベントの曲げの仕上げも良く見ると少し歪んでたりするので、その辺が気になる人は非常に厚いバイアスがかかるだろう。


resize0123.jpg一口に oil curing ト云ってもその結果だけを見ると様々で、木の持つ旨さを増幅させつつ生木の殺す処は殺すト云った所謂純粋な curing もあれば、そのナッティさばかりに囚われてか何度かの使用でその効果が薄れてしまう言わばその実 oil flavoring なだけのモノや、さらには結果に対する配慮無しに経過のみに囚われてただただ単に油に漬けただけの oil dipping もある中で、ashton の oil curing は(経験則からのみだが)正しく curing で、煙草の持つ旨味の芯の輪郭をハッキりとさせつつボウルから湧き出る香りは濃霧の様に纏わりつく。


resize0124.jpg勿論好みの問題もあるのだろうが、ナッティナッティ云う奴はヘーゼルナッツのシロップでも鼻先に塗っとけト思う自分にとってはこの curing が捻り出す味はどハマりだった。リップの成形には確かに難はあるが、その難を大いに上回る相性の良さだ。まあしかし多分他の人にとってはどってこと無い味だろうし、第一古くないので、どうか皆さんは引き続きスルーの方向で宜しくお願いします。


スポンサーサイト

COMMENT

 
実は私も一本だけ、アーミー・プッシュのashtonを持っています。
まだエージェントを使っていた、最初期にebayで入手した「サンドブラスト」ですが、一度喫ったか喫わないかで「箱の中に入れたまま」です(笑)。
なんせ、3段、36本用のパイプラック2台が満杯なもので・・・。
これも良い機会ですので、引っ張り出してきて改めて喫ってみます。
見直して、これが案外旨かったとしても、ナイショにしといて下さいねwww

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。