スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GUINEA GRAIN] - EL

IMG_2745s.jpgBarling [GUINEA GRAIN] - EL
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
38g 32mm 36mm 46mm 19mm 41mm 42mm 62mm 134mm 111mm
Left
Barling's (script)
GUINEA GRAIN REGD
Right EL
Bottom nil
Top nil
Stem BARLING'S (cross) | REGD
                                    DESIGN



IMG_2767s.jpg非常に悪い癖なのは重々承知の上で、けどどうしても止められない癖のヒトツが、リップを見ただけで勝手に旨いかそうでもないか決めて掛る事。経験則として学習してきた事なのか積み重なった思い込みなのか。勿論リップさえ良ければ良いのか、ト云う話ではナく、文脈的には、おうちに帰る迄が遠足です、ト云う部分で。いずれにせヨ、これ絶対旨いよね。


IMG_2765s.jpgごっぽりしっかりばっちりと開いたテノン開口部もプロミシング。フラットなのは前期か後期か、ハたマた。


IMG_2760s.jpgステム表側の Barling Cross はバフアウトしてあまり良い状態で残ってはない。まあでも刻印で味が変わるでもなし。酸っぱい葡萄ですが。


IMG_2764s.jpgステム裏側に打たれた "REGD DESIGN" の刻印は一九五〇年代初期か、ト云う話だが、コれもマた。


IMG_2735s.jpg全体的に薄くなってしまっているが、アポストロフィが見える。筆記体の "g" の下部が "GRAIN" と "REDG" の間にぐいっと入り込んでいるのが恰好良い。


IMG_2732s.jpgえるしってるかバーリングをあつめるとぬける。ちなみにシェイプコードは見当たらなかった。


IMG_2752s.jpgそのモデル名通り、美しいグレインは色調の妙が恰好いい。誰だ、昔はトレンドとして然程グレインの善し悪しは関係無かったのではトか云ってたヤツは。俺か。どれを取っても現行品に比べ相対的に旨いから霞んでしまっていたが、恰好良いのは恰好良い。


IMG_2725s.jpg赤くもなくナチュラルや薄茶でもない、丁度良い色合いと深さ。


IMG_2757s.jpgリム内側エッジが柔らかいのはバーリングの特徴なのだろうか。さて唯一 oil curing されているのではト云われる Guinea Grain、云われてみれば確かにヴァージニアを詰めれば、揉んだ指先で鼻先を擦った時の様な野性味のあるダイレクトなヴァージニアの匂いがボウルトップから立ってくるし、イングリッシュを詰めれば、ズドンと濃厚で重圧なラタキアやオリエンタルの甘くコクのある味にクッキりと、しかしペリクやケンタッキー等に寄って外側から押し集められた結果としてでなく、しっかりとした輪郭が出てきて、そう云う意味では、自分が知っている「これは oil curing されてますよ」と謳われているパイプと同じキャラクタである点から、oil curing されているのだろうと思われる。まぁあと二〇〇本ぐらいギニー集めん事には、断言出来ないが。


スポンサーサイト

COMMENT

 
えっと、やっぱギニーはナチュラルステインじゃない方が良いですね。
それと、オイルキュアっぽいですか。でも200本吸わないと断言出来ないかぁ・・・。もうこうなったら、samiのとこに出てるのとか、今eBayに出てるのとかガンガン購入して貰うしかないなぁ。お願いします。
まぁ、抜けますけどねw

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。