スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[DISTINCTION] - (free hand) "X"

IMG_1602s.jpgCharatan's [DISTINCTION] - (free hand) "X"
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
66g 30mm 48mm 52mm 20mm 42mm 42mm 80mm 160mm 139mm
Left
CHARATAN'S MAKE
LONDON ENGLAND
DISTINCTION
[X]
Right MADE BY HAND
Bottom nil
Top nil
Stem L: CP (Lane?) R: REGD NO
           203575



IMG_1636s.jpgCharatan's の上位グレードの中でエントリー的位置にあったらしい DISTINCTION のフリーハンド(ベントエッグになるのかな?)。


IMG_1651s.jpgでっぷりと大きなボウルに比べ、開始部は細く、リップへ向け美しく徐々に広がっているシャンク。しかしギャップや違和感を感じさせない綺麗な連続性を見せている。ハンドメイドとはこう云う事なのだ、と強く思わせる、曲線と直線が調和したシェイプだ。



IMG_1641s.jpg見た目の印象とは裏腹にボウル部の触り心地やフィット感も大き過ぎず小さ過ぎずで気持ち良い。クラシカルなシェイプが続いた後等は特に新鮮。喫味も良く、GBD の様な爽やかだがヤヤもスると軽い甘さではなく、スッキリと澄んだ中にも存在感がある、そんな上品な甘さが特徴的だった。


IMG_1672s.jpgテノン後部にやや波打つ様な加工跡。何か狙いがあったのかハタマタ。先端開口部は微かにコニカルに角度が付いている。


IMG_1679s.jpgDC リップ(和訳:ダブルコンチクショウ)は賛否両論だろうが、本件に関しては幅、厚みともに丁度良い塩梅。確かに下唇の先が僅かに段に当ったりショルダーのエッジが口角に強く当る感じがしたりトやや不自然ではある。嘘訳はすぺさるさんくす to おb。


IMG_1678s.jpg濃淡はややボヤけているもののステインの発色は美しく、そのグレインの表情も全体的にバランスがとれている。エボーションの段階でその木目にあわせてシェイプが入念に吟味されていたらしいのだが、成程頷ける。


IMG_1631s.jpgDating だが、シャンク右側の MADE BY HAND 一行のみの刻印 (一九五八~六五年)、DC ビット(一九六〇年~)、CP ロゴのヒゲ、シェイプナンバー(一九六二年~)の欠如、と都合の良い情報ばかりを集めれば、一九六〇~六一年ト云うコトになる。さらにこのイビツな枠付きの大文字の "X"、この刻印を所謂 X-out とすれば、米国での販売権が Lane から J.B. Russell に渡る頃(一九八八~八九年)迄在庫であった約八〇〇本のウチの一本である、とも考えられる。セラーは Dunhill era だ、っつってたけど。まぁ旨いしカッコ良いしどっちゃでもええわいや。


スポンサーサイト

COMMENT

 
毎日更新ホントご苦労様です。

1989年にLaneが行ったクローズアウトの際に売られたパイプですが、ちょっと調べたところ、フリーハンドグレードのパイプには、このパイプのように大きなX、クラシックシェイプグレードはCHARATAN'S MAKEのところがXアウトされているみたいです。

89年近辺に製作されたパイプとみて間違いないでしょう。

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。