スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[OLD CHURCH] - XX (2005)

resize4808.jpg Ashton [OLD CHURCH] - XX (2005)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
35g 31mm 35mm 47mm 19mm 40mm 35mm 75mm 140mm 117mm
Left
nil
Right nil
Bottom XX
Ashton
OLD CHURCH
MADE IN ENGLAND
25
Top nil
Stem "(briar/metal inlay)"



resize4801.jpg resize4802.jpg resize4803.jpg

「騙されたと思って喫ってみて。今迄誰に騙されてたかが好く判るから」とか何とか云いながら方々で勧めてきた Ashton だが、実はコレが自分にとって初めての unsmoked だったり、また、初めての OLD CHURCH だったり。西パ連神無月集会での即売会で紹介されていて、本当は、遠くの善人に素見されるより近くの隣人に理解されたい、この機会に是非、より大勢の人に Ashton を試して貰って、アホの子みたいに騒いでいるのは自分だけじゃないのかやはり自分だけがアホなのかを見極めたい、と購入するのをワザと敬遠していたのだけど、(シンプル過ぎたのかな)何故かこの XX のサドルビリヤードは最後の方迄残ってて、で色々と考えて、よし、二ヶ月程昼飯我慢すれば大丈夫、と飛び付いた。


resize4800.jpg resize4799.jpg resize4798.jpg

二〇〇〇年以降の品物によくある、薄く広いリップに、前面に R を付けて面取りされているボタン。アラテンのエロいシトの仰る通り、所々杜撰ト云うか、ヤスリ跡が散見されたりするんだけど、なあに、かえってレストア力がつく。ト云うかそれコソが Ashtonite の真髄だ<嘘です


resize4804.jpg resize4805.jpg resize4806.jpg

勿論この少しヨレた感のあるインレイだって気にしない。強いて云うなら、このサドルの橋に至る迄の長さかな。もうちょっと短かく、接合部寄りの位置から橋が切ってあったら、もっと、こう「シュっとした」感が増して、格好好くなってたかも。刻印は "25" なので、二〇〇五年。ソックには欧州流通仕様なのか "ASHTON" とは入っておらず、店名として ASHTON となる以前の名称である "BRIAR WOODS of LONDON" が入っていた(米国流通品には、輸入元の R.D.Field お手製の合皮とマジックテープのものが使われていて、英国本国の流通のには、この "BRIAR WOODS" の文字んトコに代りに "ASHTON" て入ったあるみたい)。


resize4812.jpg resize4811.jpg resize4813.jpg

ASHTON の真髄はパテントバリバリの PEBBLE SHELL、百歩譲って PEBBLE GRAIN であって、OLD CHURCH なぞは Tanshell を模したライン、ぐらいの認識しか無かったのだけど、すいません。間違ってました(ちなみに Leap of Faith の最近の正しい意訳は「私が間違っていました」です)。個体別の特性に拠る違いはあるにせよ、同しサンブラにしても PEBBLE GRAIN とは明らかに違う目的を持った表情がクッキリで、所謂彫りモンのリンググレインと、フロウを誤魔化す為に表面的にブラストを打ったシャローなモノの、丁度あいだ、いや、あいだト云うとドッチでも無いト云うイメージが付き纏うので間違ってるか、そう、その双方が求めているにもかかわらず辿り着けない、由緒正しい、Dunhill が Tanshell でやりたかった事を、見事に体現している。ト思う。Tanshell の事あんま詳しく知らんけど。ステインの発色とブラストのミディアの目の細かさのマッチ具合ったら、んもう。


resize4807.jpg resize4810.jpg resize4809.jpg 

実はもひとつ敬遠していた理由があって… 前述の通りコレが初めての unsmoked ASHTON、コレがもしかして知ってる ASHTON と全然違うてて、本来は所謂 Oil Flavoring (て云うてるの俺だけでこの単語もなかなか流行らんな)であって、旨い旨い云うてるのはバイアスの副産物ってダケだったらどうしよう、今の今迄誰もマトモに日本で紹介しなかったのは、この事が既に所謂ヴェテランの間では周知の沙汰で、この LoF の記述群を読みながら皆して、ニワカでエセのネットスモーカは ASHTON ごときで御満悦か、とほくそ笑んで悦に入っているのでは、とメランコリックになり、不安で不安でどうしようもなかったから(かなり嘘です)。んだけど、いやしかし、案ずることなかれ。金太郎飴かの如く、どっから喫ってもどう喫ってもバリバリの ASHTON である。あーそれにしてもお腹減った。来月頃にはちゃんと昼御飯喰えるかな…


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。