スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[5E (2007)] - ... (egg)

resize4779.jpg JOHN CALICH [5E (2007)] - ... (egg)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
52g 26mm 43mm 50mm 19mm 42mm 45mm 67mm 152mm 127mm
Left
CALICH
HAND MADE
MADE IN CANADA
07
5E
Right nil
Bottom nil
Top nil
Stem (silver dot)



resize4773.jpg resize4774.jpg resize4775.jpg 

惜しまれながら今年六月に世を去った Calich の遺作。シェイプとしては、upside down egg とかになるのかな。どっちが upside かの話は置いといて。今迄なかなか自分の琴線に触れるシェイプと出会えず、いつの日かポンチ絵でも書いてコミッショニングのリクエストしたろ思てたんだけど、結局その機会も無し、あーあ、と最後の出荷分を眺めていたら、これがドンピシャで、速攻で注文した。


resize4772.jpg resize4786.jpg 以前からアスベストに拠る健康被害に苦しんでいたらしく、また今年の始めに心臓の方の大きな手術をして以来体調が戻らなかったそうで。刻印の "07"、つまり二〇〇七年が製作として最後の年になるトの事。



resize4769.jpg resize4770.jpg resize4780.jpg 

ステムの方は、最終の仕上げ迄手が回らなかったのだろうか、所々粗さが残っている。が、七九歳の大先輩に向かってそんな些細な事、ね、云えないでしょ。ていうか、自分が将来七九歳でちゃんと仕事出来るか、て話スよ。幸い道具は揃っているので喜んで仕上げさせて貰うた。


resize4784.jpg resize4771.jpg resize4785.jpg 

注文の際に参考にした画像からは好く判らなかったのだが、妄想通り、シャンクの上部はダイヤモンドの二辺で、下部は丸く緩やかな R のついたラウンドで、ハーフサドルのステムにばっちりマッチしていて格好好い。実は最近こういうちょっと変わり種のシャンク(か逆に上部がラウンドで下部がダイヤモンドの二辺)と egg (tomato でも可)の相性について考えていた処だったんだけど、お脳のキャパシティに限界があって、実際に触らないとどんなもんかまったく想像出来ないで困っていたんだが、それがいきなり現物として現われたので、驚いた。想像通り、好い。


resize4782.jpg resize4777.jpg resize4783.jpg 

単色なのでコントラストはハッキリとは出ていないが、明るいオレンジのステインの奥からの発色は、角砂糖が光る様に交差して格好好い。ヒールからシャンクにかけてのバーズアイの目の詰りも好い。トップがやや重いかもと思っていたが咥えてみるとベント角の好影響かまったくストレスを感じさせず、ヒールに向って窄むカーブは手への納まりも手触りも好い。


resize4778.jpg resize4776.jpg resize4781.jpg 

特別な curing を施している話は聞いた事が無いが、鋭角でエッジの効いた輪郭とツンと上に真っ直ぐ伸びる感じの芳香が特徴ト云えば特徴で、狙って出たワケではナい結果を以ってして curing て呼んじゃならんのだけど、Calich はどれもその傾向がある様子。Vesz にも同じ向きがあるけれど(あちらは芯がもっと太いが)、カナダの気候がそうさせるのかな。まぁ、この火皿いっぱいに氏の今迄の功績が詰まっているのだ、と思えば旨く感じて当然か。


A bowl in his honor.


スポンサーサイト

COMMENT

 
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。