スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[YELLO-BOLE Imperial] - 3226

resize4717.jpg KBB [YELLO-BOLE Imperial] - 3226
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
28g 30mm 32mm 42mm 17mm 37mm 40mm 68mm 133mm 117mm
Left
(shank logo)
KBB (clover)
YELLO-BOLE
REG.U.S.PAT.OFF.
Imperial
CURED WITH REAL HONEY
Right 3226
Bottom REAL BRUYERE
Top nil
Stem (yellow circle)



resize4711.jpg resize4712.jpg resize4713.jpg

えーと、またやってしまいました。年内禁漁を解いて全力で。画像のシルエットからは既視感あったけど出品の商品説明にシェイプナンバ 3151 とあったのも気になったし、シール付きやし、なんせエラいシトから入手しておけ、て指示あったし。据え膳喰わぬはナんトやらです。


resize4708.jpg resize4709.jpg resize4710.jpg

箱の側面の 3151 と書かれた数字と現物のシェイプナンバは食い違っているが、もうコレは業界トして伝統的にこの頃からそうであったのだ、ト諦めるしか無い。底に裂け目がある以外は、水濡れ、油、日焼けなどの跡も無しのなかなかの状態なので好しトする。ちなみに内部底面には丁度シャンクを挟むのに丁度好いサイズのクリップの様なモノが布地の下に仕込まれており、一番右の画像の様にディスプレイにも使えたりする。


resize4703.jpg resize4704.jpg resize4705.jpg

未使用なのにまったくビクともしないステムを抜くのに一苦労(持ってて好かったバイスとプラカバー)、抜いて納得、メタルテノンの部分やスティンガが全体的に錆び付いていた。恐らく空気中の水分だとかモーティスや接合部に残った染料等で化学反応を遣したのだろう。モーティスと接合部の一部とシャンクの接地面にも細かく入り込んでしまっていた。


resize4726.jpg resize4727.jpg resize4706.jpg

ト云うコトでせっかくのねんがんのアイスソード、ゆずってくれたのむ、ト云って貰える様に、重層、ピカール、ライターとかのエラいシトから貰うた金属磨き布、と使って、しかし削り込んでしまわない程度に、綺麗にしてみた。ちなみにこのスティンガ、他のものと比べてネジ山の部分を含んだステムが他のト比べて一番短い(画像一番右)。ちなみのちなみにこの撮影の後左側の三つドレがドレのかワカらなくなってしまいました。


resize4725.jpg resize4707.jpg 一昔前の牛乳の蓋の様な、厚紙で出来たシールをそート外すと、ツルぺたの表面が現わに。おお、コレこそマサに Yello-Bole だ。ボウル内にはツール跡もクッキり。煙道開口部の屑の様に見えるのは、恐らく煙道を養生して保護剤が乾いた後で再度貫通させる為に突いた跡だろう。これ崩したら成分とか分析出来るかも。


  resize4723.jpg resize4722.jpgresize4721.jpg

しかし毎度思うねんけど、Yello-Bole て刻印細かいな。こんな狭いスペースにこんだけミッチリ文字詰め込んで。前述の通りシェイプナンバは 3226 で、底部には REAL BRUYERE の刻印。26 ト云うシェイプナンバ部は Kaywoodie の体系とはまた別の古いナンバリングシステムに基いているだろうとして、32 って何だろうか。あんまり見掛けないし。確か誰か何かムニュムニュ云っていた様な気がするんだけども、酔っていたせいで全然思い出せない。


resize4724.jpg resize4728.jpg resize4729.jpg

ステムのインレイはドットでは無くお馴染の黄色い輪っか。位置のせいか他のものよりもヤヤ小さく感じる。側部やボタンに迄所々パーティングラインの様なものが残っていたりするのは御愛嬌。開口部がズレておらずまたフレア部もしっかりと縦横奥に広がっているので好しとしないと。いや寧ろそっちのが大事だろ。


resize4719.jpg resize4715.jpg resize4720.jpg

ラッカーのてかりで判り難いが、パネル毎の表情が、目の詰まったバーズアイだったり綺麗に流れるグレインだったりで、なかなか愉しい。ステム同様やはりどうしてもマスプロ故が要因ト云うか、パネルなだけにちょっとしたズレも随分と歪んで見えたりはするが、うん、これはアシンメトリクパネルビリヤード、と思えば、好し。


resize4716.jpg resize4714.jpg resize4718.jpg 

で、蓋外して色々と眺めてはみたが、また閉じてしまった。まだ喫ってません。どうしよう。流石に画像を見ただけでそのブライヤの産地を当てられる程悪い意味で無敵ではないが、それでももうだいたいどんな味になるかの想像は着いているし。しかし外に出して飾っておくと紫外線とか色々あるし、また何かの腹癒せに捨てられても敵わんし。うーん。困ったなぁ。


スポンサーサイト

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。