スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[BRUMFIT] - ... (1902)

resize4701.jpg Barling [BRUMFIT] - ... (1902)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
19g 26mm 32mm 37mm 17mm 32mm 30mm 44mm 98mm 77mm
Left
BRUMFIT
LONDON
E.B/W.B
[(passant)][(lion)][g]
Right nil
Bottom nil
Top nil
Stem nil



resize4690.jpg resize4691.jpg resize4693.jpg

譬えば、華やかだが管理が煩わしい薔薇から入った園芸だが、いつの間にか秋口に様々な球根を集めてはそこいらに埋め、一冬地中で肥え行く姿を妄想し、春先にやっと出た小さな芽に文字通り萌えを感じる様に、ヒョンなキッカケから方向転換するのは趣味の世界では良くある話で、パイプに関してもまた同じく、Bulldog の幾何学的な側面のさらにその表層だけを攫って勝手に毛嫌いしていたのだけど、たまたま見掛けたバラクオバマシニアの画像から、何故か心を打たれてしまい、そんな矢先こんなのアルよト話を聞いて、アレよアレよと禁 bay 臨時解禁で入手。俺の宗旨替えの腰の軽さは天下一品。俺に何か薦めてみろ、スグに好きになるから。


resize4694.jpg resize4695.jpg resize4702.jpg

フェルールから読み取れるイヤーコードは一九〇二年。アラテン(いやビロテンか)で、ブルで、失われたメーカ/ショップ名で、その OEM は Barling で、しかもド戦前。うん。臨時で解禁するに於いて申し分無い、立派な大義名分だ。あとさ、このスタンメルとフェルールとステムの配置のバランス、たまらんね。デザイン性とさりげない OEM の主張を兼ねているのかしら。


resize4687.jpg resize4688.jpg resize4689.jpg

外観やバックグラウンドだけではない。シビれる程に手の込んだテノンや丁寧に面取りのされた煙道開口部を持つオリフィックボタン、と細部も格好良いし、短かさをまったく感じさせない、しかし火皿のサイズとの絶妙なマッチで良い塩梅の、軽く太いエアフローも素晴しい。


resize4698.jpg resize4692.jpg resize4699.jpg

寸法だけを見れば頭デッカチな印象も有るが、やや前傾したボウルの中腹から鋭角に下部へと集まる直線で、正面や後部からの姿はかなりほっそりとスマート。グルーブ下部に一旦ふわりと膨らみを持たせてあるトコもニクい。手への納まりと触り心地、そしてこの発色。古いから良いとか Barling だから良いとかでなく、良い。


resize4697.jpg resize4696.jpg resize4700.jpg 

左舷トップの焦げさえなければもうホンマ云う事無し。背の高さがあるのでサイズの割に案外煙草も入るし。Bulldog、ト一括りに捉えて見逃していては気付かなかったが、俺このシェイプ好きだわ。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。