スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Super Grain] - 5183B

resize4572.jpg KAYWOODIE [Super Grain] - 5183B
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
61g 33mm 45mm 41mm 20mm 33mm 31mm 59mm 130mm 108mm
Left
Super Grain
KAYWOODIE
Right IMPORTED BRIAR
5183B
Bottom J
Top nil
Stem DRINKLESS (on stinger)
"(white clover)"



resize4564.jpg resize4565.jpg resize4570.jpg

スタンダードなシェイプが好きな人はその直線的なラインの流れの端正さが良いと感じるのかな、で、モダン好きな人は逆に曲線とか立体的に交差する直線に良さを感じ取ったり、か。好みは千差万別として、KAYWOODIE の素晴しいトコは無数にあるシェイプの中にどんな人でも必ず一つは琴線に触れるシェイプがある事。GBD だとどうしても多様な様に見えて実は偏差があったりするんだけど、KAYWOODIE は連合軍的ト云うか、同じメーカとは思えない程、シェイプがポッポポッポと偏在する事無くあって、ソコが実に面白い。まるでパイプの三十三間堂。パイプなら何でも好きな人にとっては本当に嬉しい悲鳴で困っちゃう。この通称ハッサン・ビー(今考えた)の、まるで水面を跳ねて躍る魚の様な、躍動感のある流線型なんて堪らんね。


resize4566.jpg resize4568.jpg resize4567.jpg

グレードコードの "51" からすると、凡そ一九三一~三八年と dating は絞られる。同じくグレード名ブルジョワジの証し "Super Grain" の、IMPORTED BRIAR の刻印から一九三六年以降とさらに前は絞られ、更にシェイプコード "83B" は一九三八~五五年の間の製造である事から後も絞られ、おお、非常に前向きに且楽天的になって理論的に全てを鵜呑みすれば、ピッタリ一九三八年製と出る。すごいスッキリ。ちなみに "B" の無い "83" は Slim Octagon Apple ト全然関連性見出せないんだけど、この時々見る "B" て何?


resize4569.jpg あと "J" て誰? 折角底部の刻印はイニシャルでは無くグレード内多様化且細分化説捏ち上げたのに。いやマテ、C と U と J とこの三文字に共通するのは、開口部が右か上か左か、と三つとも全て曲線と開口部の位置で判別されている事から、うん、まだまだ振り出しに戻らず頑張れそうだ<何故頑張るのか



resize4561.jpg resize4562.jpg resize4563.jpg

スティンガは短かく小さめだが、コレは時代的な理由なのか単純にシェイプに拠るのか。あ、そうか、このスティンガのサイズこそが底部の刻印と、て多分それは違うか。位置が若干ズレているスリットは愛嬌の範疇で、若干アライメントが取れていない様にも見えるがコレは単にベントの曲げ損ねで、咥えている最中はまったく気にならない程度。リップはボウルの重さにしてはやや薄く感じるが、広くて平坦なのでストレス無く咥えていられる。


resize4577.jpg resize4575.jpg resize4576.jpg

メリケン思考のヒトツとしてカスタム魂があり(しかも帰依する理由は十人十色で一貫性が無く純理論性に乏しい)、原状回復はつまり負けを意味する彼の国で長きに渡って unsmoked 等の特殊な理由以外で極力オリジナルの状態を保って残されている物件はかなり少ない中、なかなかの Miami Brown の発色で、単純に濃い赤茶色には無いしっとりと艶やかさ。にしてもこの曲線美は何だ。コロコロっとしとるかと思たらシュっとして、太いトコはブットく細く流れるトコはホッソく。前述の dating が当っていたとして七〇年余り前に既にこんなに前衛的且つ安定感のあるシェイプ思い付いた人、本当にエラい。


resize4571.jpg resize4574.jpg resize4573.jpg 

シェイプだけでなく、旨さが伴っているのもまた嬉しい。どんなイングリッシュ系ブレンドでも甘みがギンギンに際立ってしかもしっかりとしたスパイシーさが残りつつ且つ過剰にスモーキーにならずで、ヴァージニア系ならややもするとモノトーンな側面がパッと華やかにフルカラーになったりで。スティンガがどの面でも上手く纏めているからだろうか、吹き戻しで咥角から漏れ出た煙を鼻からすぅと吸い込むとホットチョコレートの様な柔らかで仄かに甘い香りがしたり。現況はつまり進化する為の退化、と迄は捉えたくないけど、しかしその一面としてお陰でこうして先人達の(偶然の産物ではあるけれども)素晴しさに気付けるのならばそれもまた。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。