スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[L2 Bella Cera] - 1504 (Chubby Billiard)

resize4197.jpgLarry Roush [L2 Bella Cera] - 1504 (Chubby Billiard)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
57g 33mm 41mm 53mm 20mm 43mm 42mm 46mm 123mm 100mm
Left
nil
Right nil
Bottom L2
ROUSH
1504
HAND MADE
U.S.A.
2008
Top nil
Stem ROUSH ; STERLING (on ring)
ROUSH
HAND
CUT



resize4192.jpgresize4191.jpgresize4193.jpg

去年の誕生日と今年とで、要は一年分のみなし貯金がある、と解釈し始めたらもう人として終っているんはワカっていたんだけど、ここ迄来たら止められない。そもそも、Larry Roush 流の行程として、ラフカットしてから数ヶ月は追熟的にエアキュアを施すので、ある意味次がイツになるか見当付かんし。「結婚式の準備とかで忙しいけど絶対に誕生日迄に Cutty 間に合わせるかなネ」ト云う確約が四月頃に取れたのをエエコトに、ソコはもう、ならもう一本、ロペス本とか本人サイトで見る G. L. Peace のコレクション #888 みたいな Chubby Billiard もお願いします、ト云う事になるワケです。


resize4188.jpgresize4189.jpgresize4190.jpg

Derlin のテノンからリップ側開口部迄自然な大きさで流れる様に太くスムースに開いた煙道は本当に素晴しく、接合した時のそのエアフローは、一昔前に流行ったタピオカ飲むストローでも咥えているのかト錯覚させる程。煙草を詰めて着火前に試しに吹き喫いしてみてその体験した事の無い無抵抗感につい笑ってしまったのはコレが初めてで、今迄のパイプはでは一体全体何だったのか、と愕然とした。


resize4200.jpgresize4201.jpgresize4199.jpg

近年導入された "Smokey Gray" と呼ばれるベークライトのステムも快適で、手持ちの中で、ソレと気付かずに使ってしまっている分は別として、はっきりとベークライトと知って使ったステムはコレが初めてなのだけど、アクリル系統に良くある、歯茎にガチンと重い固さや歯の上でスベってしまいそうになる抵抗の無さとは無縁の、しっかりと咥え心地のあって適度な摩擦を持つ具合は、譬えば Ashtonite の様な不思議な柔らかさとはまた違うのだけど、良い塩梅で、驚いた。心配していた Bella Cera との相性も抜群に良く、モノクロームなトーンにうねる白色が不思議な魅力を醸し出している。


resize4202.jpgresize4195.jpgresize4203.jpg

元々は "Smokey Gray" に無難そうな黒いステインでのリクエストだったのだけど、最終行程の段階で、「ごめんコレなかなか良いグレイン出そうなんで Bella Cera でも良いか」トの間際の連絡で、正直戸惑ったが、流れは作家が良い方に任せるが吉、ト信じているので、(値段はアレになるのはワカっていたけども)変更を快諾したワケだが、出来上がりを手に取ってみて、それが大正解だった事が確認出来た。細部一つ一つを見れば深くうねり波打つリンググレインのパターンは有機的で、猶且、全体の纒まりとしては幾何学的な文様の集合体の様で。


resize4196.jpgresize4194.jpgresize4198.jpg

スカッと鼻先に抜ける香り立ちと舌へズシンと重厚に落ちてくる芯は何かしらのタイプの Oil Curing を疑いたくもなるが、飽く迄も Oil 等では無く、所謂 Secondary Curing のみで、ココ迄特徴的且まったく嫌なクセを残さ無い方向で仕上げるのは、本当にスゴい。全長は炉の道とのボーダーだがボウルの外観サイズはかなり大きく、しかしソコからはまったく想像出来ない、爪先で弾いた時にコーンコーンと軽妙に響く様な(いや実際響く)、その軽さは驚く程。値段的にそうホイホイおいそれと買えないのがツラいが、そこがまた希少性ト云うか愛おしさにもなる。結婚してから初めて作った二本のウチの一本、ト云うプレミア感も嬉しいし。しかしそゆバイアス頑張って拭っても、手放しで素晴しくマジで旨いです。


スポンサーサイト

COMMENT

 
Roushは本当にすごいですね。
大胆で奔放にすら見えるブラスト・ラスティック技法と、それに相反するかのように緻密なエンジニアリング。それもむやみやたらな丁寧さではなく、それぞれの細工には明確な目的意識というか思想のようなものを感じます。かてて加えて純粋な装飾としてのシルバーリングや、同梱されるクオリティコントロール・シート、果ては独自のナチュラルフィニッシュに"Bella Cera"なんて感傷的な名前を付けるセンス。そういった商品のプレミアム感を極めて効果的に引き立たせる戦略も含めて、すべてにおいて破格の作家ですね。

特にこの2本は、炉の道一筋な私にとって本当に目の毒ですわぁ…(爆
そうそう。私が roush すげー、と思ったのはまさに;

>商品のプレミアム感を極めて効果的に引き立たせる戦略

これです。旨いだけでも格好良いだけでも精巧なだけでもない、ソレ全部ひっくるめてさらに倍率ドンで魅せるこのプレミアム感ですw

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。