スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GRAND SLAM] - 159

resize3844.jpgCOMOYS [GRAND SLAM] - 159
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
29g 27mm 36mm 39mm 19mm 33mm 35mm 71mm 140mm 115mm
Left
COMOYS
GRAND SLAM
PATENT
Right MADE IN ENGLAND (circle)
U.S.PAT/2001612
159
Bottom *1
Top nil
Stem "(Bar-logo)"




resize3851.jpgresize3849.jpg"Who Made That Pipe?" (絶版: 二〇〇六年年末に再販の噂話を見たがそれ以降情報無し)の著者の一人、故 Herbert Wilczak のコレクションとして出品されてあるのに飛び付いたのだけど、届いてみて、そのクソミントっぷりに驚いた。スペアの皮ワッシャ以外全部有る。まぁ箱に掛かれたシェイプコードがモノとマッチしないのは御愛嬌ト云う事で。



resize3836.jpgresize3837.jpgresize3838.jpg

世にアップル数あれど、ここ迄可愛いアップルが他にあるだろうか、いやあったとしてもコレが一番可愛いに決まっている。美しいアップルのキモはシャンクの細さとボウル中間の膨らみだと勝手に思っているんだけど(譬えば Sasieni のアップルはどのサイズでもボウルに比べてシャンクもやや太めだったり)、Dunhill の K はこの際置いといて、多分このアップルが一番美しい。


resize3835.jpgresize3832.jpggrand_slam_159.jpg

フィットメントを装着した処と外した処。このフィットメント、装着しててもエアーフローにまったくの問題は感じさせないんだけど、やっぱり外した方が良いw もしもフローに問題があって着火を繰り返さなければならなかったとしても、それはパイプの問題ではなく、オマエの詰め方が悪いのじゃ、と同封のカタログにも書いてあるし。イギリス人オモロいなぁ。


resize3833.jpgresize3834.jpgresize3850.jpg

必要最低限でかつ最大限に広く開いたフレア部とそして薄いがしかししっかりと咥え心地の残るリップと高くクッキりと残ったボタンと。スタンメルその他の状態からすれば当然だが、Bar-logo も(角に若干のヘタりはあるけど)バッチり。


resize3839.jpgresize3840.jpgresize3841.jpg

昨日打たれたのかと思わせる程クッキりな刻印。皮ワッシャサイズは "*1"。右側の刻印はややダブルスタンプ気味だがこちらもバッチり。刻印の諸々から恐らく一九三〇年代後半から四〇年代初期、かな。しかしモノを大事にするアメリカ人て本当に居たんだ、と別のトコでも驚いた。


resize3847.jpgresize3845.jpgresize3848.jpg

コントラストの強調された深みのあるステイン。不思議なコトに実際のサイズよりも大きく見える。高そうに見えるからかな。だとしたら俺の目、安いな。


resize3842.jpgresize3846.jpgresize3843.jpg

常日頃から、所謂 Comoy's 味のベストマッチは McC のすぐき臭、と提言しているのだけど、Grand Slam だけは別で、それは悪い意味で別ト云うワケではナくて、良い意味で、何を詰めても Comoy's 味が押し潰したり逆に強調し過ぎたりする事無く、しかしその性格を残しつつ更に華やかさも加わる。モーティスのサイズ故だろうかしらん。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。