スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[FOUR DOT] - "RUSTIC" (no shape code)

resize3798.jpgSasieni [FOUR DOT] - "RUSTIC" (no shape code)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
30g 32mm 35mm 47mm 19mm 40mm 55mm 51mm 140mm 120mm
Left
nil
Right nil
Bottom Sasieni (fishtail)
"RUSTIC"
LONDON MADE
Top nil
Stem "(four dot)"
PAT.No150221/20



resize3789.jpgresize3790.jpgresize3791.jpg

今はもう店仕舞いしてしまった Briar Chambers で、閉店セールの様な形でオファーされており、その三週間前にオファーされていた別の一本は売れないママ ebay に移った途端に元々の価格の二割増しで終っていたのを見ていたので、慌てて飛び付いた一本。ほら、一期一会、って云うじゃない。前買った時、ヴィンテージ缶の Solani 633 も呉れたし。


resize3792.jpgresize3793.jpgresize3794.jpg

シェイプコード無しで "RUSTIC" とモデルコードのみ。ステム裏側にはやや消えかかってはいるが辛うじてパテントナンバーが見える。ステム上側の FOUR DOT、ト云う事で、都合の良い消去法を採用して、一九二〇年代初期、かな。


resize3786.jpgresize3787.jpgresize3788.jpg

フィットメント自体は付いていなかったが、それ向けに大きくしかし程良く開けられた煙道は、なかなかに濃厚な音量で快適。形状自体はオリフィックの名残の縦の厚みがやや気になるが、フレア部もキワ迄しっかり開いている。ボタンのエッジはかなりしっかりト立っているのでその高さと丸みも然程気にならないし。


resize3800.jpgresize3796.jpgresize3801.jpg

しかしこのフィニッシュの素晴しさはどう云えば良いのか。取り敢えず Closely-Grained Floral style トでもしとくとして、意地悪な見方をすればドチラともハッキり寄らない、しかし見方を変えれば双方の特性の良い処を発揮しつつ、どこかしら良い不安定さト云うか完成され切っていない未熟さとそれ故の不思議な印象たっぷりで。


resize3797.jpgresize3795.jpgresize3799.jpg

撮影した状態で既にシェラックが細かい溝に入り込んでしまって魅力やや減だが、兎に角、離れて大まかに、近くてキメ細やかに映えるラスティックが、細いシャンクと若干肉厚なボウルのアンバランスさを絶妙にまとめていてエレガント。味の印象としては、着火から火皿の底迄、各味のスパイクは毛先の丸まった棘の様にハッキりとしかしキツくない、ずっと Sasieni らしい味で。俺は間違っているかもしれないが Sasieni は間違っていない。<久し振りですが何だその〆め


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。