スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SHELL] - FET F/T

resize3781.jpgDUNHILL [SHELL] - FET F/T
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
34g 32mm 40mm 33mm 20mm 30mm 27mm 92mm 161mm 140mm
Left
nil
Right nil
Bottom FET F/T
DUNHILL/SHELL BRIAR
MADE IN ENGLAND3
PAT.NO.417574/34
(4)S
Top nil
Stem "(White Spot)"



resize3777.jpgresize3778.jpgresize3776.jpg

FET ト云う事でプリンスのストレート。ベントしたものもエレガントだが、こう云うストレートもまたピンと張ってスマートで、関西弁で云う処の「しゅっとしている」感じが良く出ていて、格好良い。ホワイトスポットは象牙では無いト思うんだけど一部が黒くくすんでいる。


resize3773.jpgresize3774.jpgresize3775.jpg

横からの印象は勿論全体的にも背が低過ぎる感じはしないが、トップオフ加工がされてある。しかしステインに大袈裟なギャップが見られないのは何故だろうか。薄皮一枚履いだだけなのかな。それなら不恰好な背丈になってないのもナんトナく頷けるが。


resize3770.jpgresize3772.jpgresize3771.jpg

"INNER TUBE" の真価は外した時にこそ発揮されるト云ったのは誰だったか、俺でした。設計としてチューブが丁度嵌る大きさに開けられた煙道が結果としてチューブを外した時に程良く良い塩梅の音量になるので、そないハズレでもナいト思うねんけどね。ちなみに、柔らかさ故か非道い噛み跡が三個所程あったので黒い接着剤で埋めてみました(ヒケ少々有り)。それにして F/T てワザワザ謳う程のフィッシュテイルは幅と云い厚みと云い超快適。


resize3782.jpgresize3784.jpgresize3783.jpg

チョっと残念なのは、一九六〇年代後半の、例の綿菓子のアのジワジワっと来る深みがあまり感じられず、芯も輪郭がはっきりせず、全体を通して軽い事。かと云って、まろやかで芳香豊か、とも若干違うし。パテントが打ってあれば闇雲にでも全て当たりではナいト云う事か。


resize3779.jpgresize3785.jpgresize3780.jpg

勿論 DUNHILL だからト思って期待し過ぎるから当たりに思えないだけな部分もあるか。そう云う点では、過ぎた話ですら看板背負って行かねばナラんて大変やな、トは思う。だって普通に旨いし。思い込んでいた SHELL とは少し違うト云うダケで。それにこの表情。Craggy のお手本の様なゴツゴツとした表層と有機的にうねる流れ。もうこれだけで本来なら十分なんじゃないのか。浜辺に落ちてたら絶対拾わなそう。SHELL トしてその佇まいが自然過ぎるト云う、良い意味で。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。