スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ROYAL COMOYS] - 156

resize3111.jpgCOMOYS [ROYAL COMOYS] - 156
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
26g 30mm 32mm 40mm 19mm 35mm 53mm 38mm 124mm 102mm
Left
ROYAL
COMOYS
Right MADE   156
IN
ENGLAND
(circle)
Bottom PAT. PENDING
Top nil
Stem C logo (small opening)



resize3110.jpgresize3108.jpgresize3112.jpg

ナんトはナしにワカってきた、ト云うか、自分 Lovat 探しの旅もそろそろかなト感じて来たト云うか、そろそろエエ加減にせんと本気で Lovat 集めてる人にヤラれるト云うか。ト云う事で一旦休憩記念の意味で、ごっつ高めの値段が付いていたのを smokingpipes.com から買うてみた。届いて吃驚。新品未使用なら未だシモ、スモークドでここ迄無傷なのも滅多に無い位の状態の良さ。ブヒヒwwwサーセンwwww


resize3106.jpgresize3107.jpgresize3109.jpg

シャンク左側はアポストロフィ無しでヒゲ無し "C" デカめの "COMOYS"、右側には円状の "MADE IN ENGLAND" とシェイプコードの "156"。最後に来てやっと発見したコトは、自分的にはこの 156 が Lovat の中では丁度良いサイズであるト云う事かな。同シェイプで諸サイズあるモノに関してはこの発見は重要。ちょっと借りてみたダケではワカらんからヤヤこしいが、一旦バチコンと当ると、ホンマ気持ち良い。


resize3102.jpgresize3103.jpgresize3116.jpg

他人様がドウ云うかはワカらないが、自分の中での Lovat のキモは、この程良い長さのステムで、サドル部の橋が唇にうっすらと当るトモ当らないトモない不思議な感覚は、顎からパイプが生えたかト思わる程の絶妙な一体感に繋がって行く。全体を通して、音量の程良い十分なサイズの煙道も素晴しい。ステムインレイの "C" 開口部は古いモノに共通した小さな黒丸。知ってる人にとってはドウでも良い事かもだけど、156 の底部は他の Lovat と違い平らに切られておらず、ややもするとスマート過ぎる印象を上手く柔らかく纏めている。


resize3101.jpgresize3104.jpgresize3105.jpg

極端な冷却や煙草とは別の異物感ト云うか雑味を混ぜてしまうコト無くカッチりと強度を出している INNER STEEL。これはもう Lovat の為に有る様なモンか。ステムとの接合部付近底部に "PAT PENDING" の刻印も。一九三八~四〇年、で良いのかな。


resize3114.jpgresize3113.jpgresize3115.jpg

色々なコトを見てきたであろうに、それにしても美し過ぎる状態で、余程管理が良かったのだろうか。赤みは少し抜けいるが、逆に黒の印象が強く残り、それに拠って際立つグレインも、グレイン厨ではナいけれど、ソんな自分でもこれは美しいのだト判る。Comoy's 独特の Curing を期待するト少し肩透かしを喰らうト云うか、何か物足りナさの様な感覚も覚えるが、しかし恐らく同年代と思われる KBB の物と並べるとそのコクは覿面に現われるから不思議。今後、後藤に勝った後、長い眠りにつくミギーの様に、いろいろとやってみるには十分過ぎる逸材で、これからが楽しみだ。


スポンサーサイト

COMMENT

 
こいつはヤバイですねえ。

個人的にコモイの黄金期はコモイ・ガチのシェイプの数々が出揃い、RoyalやGrand slam(bar-logo)、Extraordinaire、Old Bruyereといったオールドスクールなグレードが世を謳歌していたこの1930-40sと考えているのですが、その時代から輩出されたとんでもない逸品でしょう、これは。
シェイプ、グレイン、エンジニアリング、メカニズム、そして喫味とコモイの魅力の最上のものが余すところなく詰まったまさに「ホーリー・グレイル・オブ・コモイ」だと思います。

もういいからコモイには手を出すなww
このパイプに関してはノーコメントを決め込もうかと思っていたのですが、
巡回チェックするたびに目に飛び込んできてンもーーー!!!!

いいなあ!
けどね、すごい不思議なセンセーションに包まれたのも、事実。

これ手にする迄は、フヒヒw世の中にある Lovat 全てこの手にしてやるwwwブヒヒヒヒwwと思ってたんですけど、こうして、こんな機能美と自然美を内包し合う美しいパイプを、こんなに迄素晴しい状態で手に入れてしまって、正直ソレ迄にあった欲求が、スポーンと消えちゃったんです。完膚無き迄に叩きノメされた、ト云うか。ハイパー賢者タイム、ト云うか。いや Lovat に関してダケですけど。

もしかして最初の一本にめっさ美品 NIB の一九二〇年代の LC 手に入れてたら、今様に狂う必要無かったんじゃないか、ト迄邪推してしまいます。

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。