スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PRIMA] - ... (1916)

resize2985.jpgComoy's [PRIMA] - ... (1916)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
38g 31mm 36mm 46mm 20mm 40mm 44mm 60mm 137mm 113mm
Left
Comoy's [HC]
PRIMA  [a][Passant][Head]
Right LONDON MADE
Bottom nil
Top nil
Stem nil



resize2979.jpgresize2981.jpgresize2980.jpg

古い Comoy に前々から興味津々だったトコロに出物発見し、噂では世界で一二を争うコレクターも参戦するカモなんてのを聞いていたので、かなり気合を入れて、無事落札。かなりデカい。


resize2976.jpgresize2977.jpgresize2975.jpg

刻印はかなりシッカりと残っていて、頭文字だけが大文字で右傾した書体の頃(一九〇〇~一九年頃迄)の後期のタイプとハッキりワカる。フェルールの刻印("a")は一九一六年だが、他の刻印(ストレートタイプの "LONDON MADE")等から同年の製作と云って間違いナいだろう。


resize2972.jpgresize2973.jpgresize2974.jpg

面白いのは、このテノンの徳利の様な形状。煙を柔く導入する目的でもあったのだろうか。リップは外向きにやや曲面を持たせているセミオリフィックタイプ。スタンメル部の重みのせいか噛み傷がかなり酷かったので、ヤスリで磨き直した。ちなみに inlay は無い。


resize2983.jpgresize2978.jpgresize2984.jpg

かなり深みのある発色で、フェルールとのコントラストが栄える。また手触りの良い太く短かいシェイプにもマッチしていて、グレインを強調し過ぎるコトなく落ち着いた雰囲気に纏まって見える。所々見られるハンドリングマークや若干のラウンディングだけが残念。


resize2986.jpgresize2982.jpgresize2987.jpg

所謂 Comoy の「重さ」は感じられず。また、華やか、とは違い、煙草の香りが飛散する様な、散らかって纒まりに欠けている。しかし立ち上る芳香は五月蝿い程豊かで。味の旨味のスパイクが各所に点在し過ぎて何だか良くワカらず、また何が芯で何が輪郭なのかもワカらず。Comoy は Comoy の味がする、ト勝手に決め付けていたので、右往左往したが、そうかこれが生味か。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。