スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GOLDEN GRAIN] - 87

IMG_1001s.jpgComoy's [GOLDEN GRAIN] - 87
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
31g 30mm 33mm 44mm 19mm 37mm 42mm 74mm 145mm 125mm
Left
COMOY'S
GOLDEN GRAIN
Right MADE IN LONDON(circle)
ENGLAND 87
Bottom nil
Top nil
Stem C (3pcs)



IMG_0997s.jpgその名の通りコントラストの美しい Comoy's のウッドストック。強い黒のステインが木目をより強調させ、フと目にトまるとハっとさせられる。


IMG_0989s.jpgリムは年代故かかなり強めにベベルカットされており、ズル/ウッドストックのややもすると端正過ぎるシェイプに良いアクセントを与えている。


IMG_0978s.jpgIMG_0979s.jpg美しいグレインの反面、残念なのは内部の加工か。ステムに開けられた煙道はやや片側に寄っており、火皿ヒールの煙道位置もまた目に見てワカる程ズレている。月曜日に作られたのかな。


IMG_0986s.jpgGolden Grain ト云うモデル自体は所謂「良かった頃の Comoy's」後期のもので、1979 年のカタログへの記載が最後らしい。"COMOY'S" の刻印形状は全体的に角張ってヒゲが無く、また "C" がやや大きい事等から、大まかに 1960 中期から Cadogan 期突入直前、と考えるが、どうだろうか。どう、って尋かれてもな。


IMG_0972s.jpgアポストロフィ無しの頃やフットボールシェイプの MADE IN ENGLAND 等の、思わず拝んでしまう程の感動には出会えなかったが、しかし(期待してなった分ハードルが低かった影響を考慮しても)、Comoy's らしいグッとコクを増しつつもノイズをしっかりと抑える表現をするので、正直驚いた。もしもコレが本当に「良かった頃の Comoy's の最後の方」だとして、さらに既に何かしらの陰りが見えていたとして(正直咥え心地はややもっちりしている)、それはつまりコレはもうキワキワのスレスレの頃。それでも猶且こんだけ旨いのなら、pre-cadgan にハズレ無し、と云っても過言では無いのではないだろうか。いや好きなだけ言い過ぎて良いとは思うんだけど。誰に遠慮してんだ。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。