スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lee von Erck [MM] - A50131

resize2391.jpgLee von Erck [MM] - A50131
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
50g 31mm 41mm 61mm 22mm 46mm 67mm 51mm 159mm 131mm
Left
nil
Right nil
Bottom VON ERCK
A50131
MM
Top nil
Stem nil


CTRL# SU-007
swap: ¥38,400
memo: 表面の凹凸の窪みにオイルの残留物の様な跡があります。
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize2388.jpgresize2389.jpgresize2394.jpg

ブラストでツイストシャンクでラフトップでシャンクとボウルが別トーン、ト von Erck 入門の様に様々な特徴の表層をザッとまとめたらこうなりましたみたいな一本。しかしこのラフトップ、すげー尖ってて当ると痛いの。


resize2386.jpgresize2387.jpgresize2390.jpg

シャンクは細身だがテノンを含む煙道全体は大きく開かれ、リップ開口部もかなり広くとられており、エアフローは非常に快適。ちなみに厳密にはツイストしているのではなく、左右対象に斜めに連続して角度が付いているのでネジレている様には見えるだけ。


resize2400.jpgresize2398.jpgresize2401.jpg

深いブラストの影響なのか火皿の形状か長いシャンクかそれら全てか、こってりと甘いヴァージニアやドカんと香るたぐいのブレンドとの相性は良いが、辛味を感じるタイプで試すと、回を増す毎にその太さの芯が薄くなり輪郭ばかりが強調されてしまうト云う、oil flavoring の妄想が、具現化されてしまい、ちょっち残念。


resize2395.jpgresize2396.jpgresize2399.jpg

で驚いたのだが、灰汁抜き(?)が甘いのか何なのか知らんが、喫ってくウチにブラストの窪みの目にアブラの染みとワックスの混ざった様なものが溜まってくる。軽めの K メソッドでは拭えなかったので多分完全に拭うにはエタノールか何かが要るのかな。ステインが落ちるのが嫌なので試してないけど。いずれにせよ、スタンメルに油分を吸わせて内部の水分を強制排出した後その油分もしっかり除去するからこそ curing だと思ってたんだけど、俺何か間違ってる?


resize2393.jpgresize2397.jpgresize2392.jpg

しかしなんかこうして画像並べると怒った王蟲がぞろぞろと迫ってきてるみたい。ごめんね...許してなんて..言えないよね... ♪らん らんララ らンらンらン♪ そう云う意味では(どう云う意味だ)、von Erck の特徴である、荒々しくも無機質、なのに何故か躍動的な、不思議な印象がよく現れていて、面白い。ごめん王蟲って云いたかっただけやねん。


スポンサーサイト

COMMENT

 
私のLeeも表面にバターみたいなのが浮いてきます。喫い方がヘタで高温にしすぎるせいかと思っていました。
>KAZ
吸い方に「ウマイ・ヘタ」があったとして、下地に染み込ませた油が染み出ないように吸うのがウマイ吸い方だ、という評価は多分きっと間違っていると思いますww

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。