スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jan Zeman [YPSC] - 2003 (35/100)

resize2288.jpgJan Zeman [YPSC] - 2003 (35/100)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
67g 27mm 55mm 44mm 20mm 39mm 25mm 73mm 161mm 138mm
Left
nil
Right nil
Bottom Jan Zeman
NEW
ZEALAND
Top nil
Stem YPSC 2003 ; 35/100


CTRL# SU-006
swap: ¥10,300
memo: リングが緩くクルクル廻ってしまうのでボンドで接着しました。
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize2278.jpgresize2286.jpgresize2279.jpg

ZEMAN の YPSC クラブパイプの二〇〇三年版。直線が集合して曲線となる様なタイプのシェイプは特に得意の様で、安定して美しいカーヴが綺麗に纏まっている。好みでワカれる処だとは思うけど。


resize2276.jpgresize2277.jpgresize2283.jpg

んが、やはりプロペラスリットはココにも健在で、せっかくエアフロー良いのにナンかちょっと興醒めしてしまう。パーティングラインは出なかったが O メソ判定は緑な部分も同じ。そんなの気にするの私だけかな。ちなみにこの銀リング、届いた時から糊が緩んでいたのかクルクル廻るのでボンドで接着し直した。


resize2284.jpgresize2285.jpgresize2287.jpg

クラブパイプのグレードと別のライン(譬えばこの二〇〇三年版と Old Sea Dog の Mary Celeste)とで何が違うのか詳しくは知らないが、フロウの有無等では恐らくないだろう。何で削ってしまうんや、とコッチが考え込んでしまう程グレインは格好良い。


resize2281.jpgresize2280.jpgresize2282.jpg

スタンメル部の重さとステムの長さとベント角から、若干重たく感じ、咥えっぱなしでプラプラするにはちょっとバランスは悪いが、下部ラスティックとその膨らみの掌へのアタリとフィット感は心地良い。平均的だがしかし安定して使い続けられるパイプだったが、その安定感と平凡な味故、本数が増えるにつれてやや登場回数は減ってしまった。良いんだけど、もっと良いのがあるし、と。贅沢なやっちゃ。お爺が生きとったら箸のウシロでゲンコツ入れられるトコや。


スポンサーサイト

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。