スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西パ連 5 月集会のお礼

西パ連 5 月集会のお礼

本当はこの第一段落目を書くのが一番面倒臭いのですが、キャシャーンがやらねば誰がやる、誰もオフレポみたいな事書かないので、誤解したい人はどんどんその妄想のベクトルは増大の一途を辿るバカりでしょうから、今日も頑張ってみます。ト云う事で 5 月集会も無事終りましたのでそのプチレポです。


resize5324.jpg resize5325.jpg resize5327.jpg 

案外減らないみっくす用単葉十数缶の他に毎回誰かしら何かしら面白そうな煙草を持ってくる西パ連ですが、今回も 70 年前のレシピの復刻版として噂の Spilman Mixture だとか GLP の新作 Union Square、暑いのに Christmas Cheer とか smokingpipes.com の実店舗 Low Country のん各種とか盛り沢山。会の何が凄いって、全員がコレを今日で全部吸い切るぞト云う意気込みで一致している事。西パ連のルールはただ一つ、遠慮しない事、ですから、まぁ当然ですわな。


resize5328.jpg resize5335.jpg resize5326.jpg 

あと、土産話のネタも豊富で。一部で話題のモルタ材を使ったパイプだとかライター四方山話だとか。あ、ライターの下に見えるのは Peter Heinrichs Curly です。それからハノイ(河内)の古都名 Thang Long ト云う 1 カートン 500 円の煙草とかも。


resize5331.jpg resize5333.jpg resize5334.jpg 

さてさてパイプや煙草ト云ったいちびった話はこれぐらいにしていよいよ本題。今回のまかないはおフランス料理の原点、ポトフに、カツオのタタキ(画像の一盛が 2 つ)、そしてスモークサーモンです。どうですこの脈略と節操の無さっぷり。ポトフですが、ジャガイモとタマネギ何個程使うたんかワカらんホド大雑把なのに、出汁の段階では摘みたてのローズマリーとタイムとオレガノとローリエ(雌株)とレモンバームとパセリでしっかりと香り付けされてたり、サーモンも絶妙な薄さのスライスで、カツオのタタキに関してはドドーンと肉厚なのにタレには手造りひろたのぽんず、と要所要所で無駄に繊細ト云う徹底ブリ。


resize5330.jpg resize5329.jpg resize5332.jpg 

毎回毎回まいどありの差し入れですが、今回もハズレ無し。スイーツは Lord Stow's Bakery 京都店のエッグタルト。お酒は入手困難な生原酒の龍神丸とか、Lagavulin の 16 年とか。ええ、箱だけちゃいまっせ。中身もちゃんと入ってまっせ。未開封やったんで誰も最初手出さんかったのに、一旦開いたら我も我もとまぁ皆よう呑みよってからに。


resize5336.jpg 

結構な分量だったポトフもホレご覧の通りの有様で。無事閉会トなりました。あーおもろかった。


ト云う事で、来月は 20 日の開催を予定しておりまして、さらに、もう発表しちゃう、西パ連慰安旅行として、普段から会には慰安しかないのになんでワザワザまた慰安旅行やねんてのは置いといて、再来月の 7 月 4 日には深代喫煙具製作所にお邪魔する予定なんかもありますんで。是非是非。


スポンサーサイト

Kirsten [LX]

resize5314.jpg Kirsten [LX] - (...)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
54g 35mm 42mm 33mm 25mm 26mm 88mm 43mm 155mm 130mm
Left
Kirsten
Right nil
Bottom MADE IN U.S.A.
LX
Top nil
Stem nil


resize5312.jpg resize5313.jpg resize5319.jpg
resize5317.jpg resize5318.jpg
resize5321.jpg resize5320.jpg
resize5322.jpg resize5316.jpg resize5323.jpg
resize5310.jpg resize5315.jpg resize5311.jpg

 


[GUILDHALL] - 334

resize5294.jpg Comoy's [GUILDHALL] - 334
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
38g 29mm 38mm 43mm 20mm 38mm 38mm 73mm 140mm 118mm
Left
The
GUILDHALL
LONDON PIPE
Right MADE IN LONDON
ENGLAND
334
Bottom nil
Top nil
Stem (three bar)



resize5285.jpg resize5286.jpg resize5287.jpg 

パッと見、ビリヤードでも無ければ、アップルでも無い。ああ、全部ひっくるめて glove なのかな、とフと思ったけど、そゆマクロと云うかメタ的な解釈でシェイプ名なんか付かないワケで、多分ソレは絶対違うトして。正直、こんなシェイプがあった事知らなかったし、swap としてオファーされなければ一生手にする事ナかったワケだけども。


resize5291.jpg resize5290.jpg resize5292.jpg 

ジャンクションから少し離れた処に位置する 3-bar logo からハンドカットと思われるが、これは他の所謂ハンドカットのものと比べて(至極個人的な感想なのだけど Guildhall に関してはハンドカットならば闇雲に好いトは云えず寧ろ bar がジャンクションに隣接するモールドタイプの方が柔らかく歯茎に沈むので咥え心地が好いのだけど)ツルツルしておらず、もの凄く咥え易い。括弧内長いな。刻印から恐らく五〇年代かな、とは妄想されるが、それとこのしっかりと歯茎に沈む間隔との関連性は、多分あと百本ぐらい比べてみないとワカんない。


resize5282.jpg resize5283.jpg resize5284.jpg 

テノン開口部に、恐らくフィットメント無理矢理抜いたんだろう、な後が残っていたり、リップにやや大き目の噛み傷が残っていたり。テノンはそのままで、リップは黒い瞬間接着剤で修繕してみた。フィットメントを無理矢理抜いた跡がある、ト云う事は、ある程度本数を見て来た諸兄ならピンと来る処だが、ええ、モーティスもごっついタールがばっちこいで、全部刮ぎ落したら随分と軽くなった。


resize5296.jpg resize5289.jpg resize5297.jpg 

経年変化等から全体的なステインの発色自体が薄く、故にコントラストも浅くなってしまってるがしかし、クロスグレインへの意識は未だバリバリに濃厚なのが好くワカる。あー畜生ー、いっちゃん最初に店から新品の状態でこのパイプ手にしたかったなー。てあれ? 初見ではあんなに愚図愚図思ってたのに、何この感覚?


resize5293.jpg resize5288.jpg resize5295.jpg 

或る人曰く、世の中には三種類のパイプしかなく、一つは見た目が好いけど使ってみると色々と不味いパイプ、一つは見た目はピんト来ないけど使ってみると好いパイプ、そして一つは見た目も好くってさらに使っても好いパイプ、ト云う(見た目も駄目なら使っても駄目なのはパイプじゃない、ト云うオチ)。それを踏まえて、いや踏まえなくとも、comoy がドーンと comoy の味な処がマズもう堪んないワケで。それに加えて、このシェイプ、いや毎度の事ながら俺は見事に間違っていまして、ものっそい使い易いんよ! マジで!! どっちつかずの中途半端とか云うヤツ阿呆か。絶妙な配分で、エエとこ全部取り。強いて云うのならパイプの持つべき公約数がコレなんじゃね、って全然強いてなくて、もう使ってみれば直感的にソレがワカる好いシェイプで、ほいでもって旨いト云う。これだからパイプはこわい。そして今はナンと云っても濃い comoy がこわい…おあとがよろしいようで。


twitter にて SmokingPipes_JP 開設についてのお知らせ

twitter (正確には twitter を利用した twicco ト云うコミュニティサービス)にて SmokingPipes_JP を始めてみましたので、アナウンスさせていただきたいト思います。

その前にいくつか基礎知識として…
twitter とは…
http://twitter.com/
Twitter はブログとチャットを足して2で割ったようなシステムを持つ。 各ユーザーは自分専用のサイト(ホーム)を持ち、What are you doing?(いまなにしてる?)の質問に対して140文字以内でつぶやきを投稿する。つぶやき一つ一つはブログのエントリに相当し、投稿ごとに固有の URLが割り当てられ、すべてアーカイブされる。[http://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter より引用]

まぁ要はとりとめもない独り言(twit とはそもそもそゆ意味です)も、塵も積もれば山となる、でナニカになるんじゃね?ナニになるかは知らんけど、ト云うサービスですね。ちなみに私の場合は遠 出した際、いまどこにいる、というつぶやきを吐く場所にしていたり(忙しい俺アピール用)、普段吸うてる煙草を列記する備忘録がわり(色々なパイプを持っ ていて色々な煙草を吸っている俺アピール用)につかっております。また、3rd party のアプリにより mixi の echo に反映する事も出来ます(が、全ての発言をなんでもかんでも echo してしまうものしか見当らなかったので、私はコチラは使っておりませんです)。

twicco とは…
http://twicco.jp/
Twicco(ついっこ)は、共通の趣味・関心を持ついった仲間を探せるコミュニティサービス。[はてブ http://b.hatena.ne.jp/entry/10694375/twicco%20%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%93 より引用]

twitter においては似たようなモノで英語ベースの WeFollow (http://wefollow.com/) ト云うサービスもあるのはあるのですが、出来れば日本語でおkなふいんき(なぜかry を大事にしたいな、と取り敢えずついっこを採用してみたわけです。

で、上記踏まえた上で、SmokingPipes_JP (http://twitter.com/SmokingPipes_JP) を立ち上げてみました。

取り敢えず覗いてみようかな、ト云う方は、
A. 上記のURL (再掲 http://twitter.com/SmokingPipes_JP)にアクセスして、
B. お気に入りに登録するとかブックマークするとかして定期的に発言をチェックするとか
C. RSS リーダに http://twitter.com/statuses/user_timeline/33084364.rss を登録する

とかしてみると好いかなと思います。

自分も何か一行ニウス的な何かを 140 文字でポストしたい、ト云う方は、
1. twitter のアカウントを作る
2. ついっこにアクセスしてカテゴリ「趣味」 (http://twicco.jp/directories/view/46) のページのなかにある SmokingPipes_JP を探して
3. 「参加する」ボタンをクリックする
4. あとはポストしたい内容を @SmokingPipes_JP へのリプライ発言として twitter で発言、数分後にその発言が SmokingPipes_JP の発言として公開されます。

と。ト云うか是非とも皆様からのパイプに関する内外の情報持ち寄って頂けたら、と。どうですかね。

私個人の初期衝動としては、
1. 記事にするほどでもないけど「切っ掛け」となりえるネタは世の中にはまだまだ沢山あって、
2. しかし mixi では mixi 自体の最初の敷居(招待制である点とか)が高いし、やっぱり閉塞感は否めないし、
3. ならば 2ch で、と思ってももう今更新スレ建てるには(こんな絶対数少なそうで小さなパイの Hobby にしては)派生スレが多すぎるし、匿名性故、その信憑性はコテハンによる書き込み以外むずかしい
4. がそれをすると ID が変わるまで他のスレで煽れない<それはどうでもいいだろ
5. かといって個人 blog では負担が高いから、
6. 兎に角、ライトユーザもヘビーユーザも寄りやすく、読みやすく、また投げやすい環境が欲しい

と以前からあったツラツラが素にありまして、しかして、おお、このツイッコへの twit ト云う形式を取るならば、
1. 読み流しても当然おk
2. ネタ帳としても機能するし
3. 勿論その発言を素に、個人 blog や mixi 日記のネタとして掘り下げても良し(他力本願)、

と好い事づくしではないか!ユリイカ!と作ってみたワケです。こまけぇことぁいいんだよ!

ついっこに参加して発言するには基本 twitter アカウントが必要で、(mixi のそれと同じく)元々自分がもっているアカウントをこのついっコミュに晒したくない、ト云う人にとっては、再度別途アカウント(ある意味捨てアカ)を取得 する必要がある、ト云う点では面倒ですが、新規に twitter アカウントを取得する場合や、晒しても全然かまわんヨ、て人にとってはその心配はナッシングです。いずれにしても「読むだけ」の場合、特になにかする事な しに各々のブラウザでブラウジング出来るのが気軽で素敵だと思ってます。

今んとこの私個人のマイルールとしては、
1. なるべく一日一投稿
2. ソースを明らかに (tiny URL などの URL 縮小サービスなどを利用して一次情報源に極力近い処へリンク - 文字数によっては twitter が勝手に短縮してくれたりします)
3. そして感想も必ず加える。が、その感想は極力ちょっとダケに留めて、余韻ト云うか解釈の余地を残すように勤める

トこんな程度です。あと、他人にも知って貰いたい「パイプスモーキングの事」に主軸を置く上で、他人にも知って貰いたい「自分の事」は出来る限り排除する、ト云うのもあるにはあるのですが、これはかなりグレーですので、未だ暗中模索ト云うか五里霧中な感じです。

ちょっと遊んでみて広がらないようなら消してしまえばいいや、程度の気持ちでスタートした話ではありますが、諸兄のご参加ご協力頂ければ幸甚です。

尚、本 blog ハジッコに SmokingPipes_JP に集まる発言を表示する widget  設定しました。皆様も是非!

VAUEN [Bruyere extra] - (...)

resize5250.jpg VAUEN [Bruyere extra] - (...)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
34g 26mm 35mm 43mm 18mm 37mm 41mm 73mm 145mm 119mm
Left
VAUEN
(cross-pipe logo)
Bruyere extra
Right nil
Bottom nil
Top nil
Stem VAUEN



resize5241.jpg resize5242.jpg resize5243.jpg 

何度も云う様で悪いんだけど bulldog て本当に好いシェイプで、何度か云うた事あるかもしれんけどパネルも結構好きで、六角パネルの bulldog なんかあったら最高やなと思てたら unsmoked のクソミントが手元に。しかも swap で。好い事尽くし。


resize5236.jpg resize5237.jpg resize5238.jpg 

VAUEN、ト云えばフィルタ、ト云う印象が強いのだけど、これには先端の尖ったアルミチューブが挿さっており、またステム開口部側には、タグの様なものが針金で挿されていたが、年代を特定するにおいて参考となる資料はほとんど見当らず。で、譬えば Sasieni だったり Comoy だったりだともう存続してないのでココでお仕舞いなんだけど、VAUEN はバリバリ現役なので、駄目元で直接メルで尋いてみた。


resize5235.jpg resize5239.jpg resize5240.jpg 

で、多分無視やろし、このセミオリフィックのボタンとかで恐らく戦前と普段通り妄想を振り撒いてお茶を濁せばいいや、と半ば諦めていたのだけど、あっさり二日で返信が。

This pipe was made between 1920 and approx. 1938. In the earlier days also our pipes used to have such an aluminum filter tube but in 1921 we invented our "Dr. Perl" paper filter and in 1934 our "Dr. Perl activated carbon filter" then.
との事。素晴しい。流石老舗。情報出し惜しみとか全然しないのが余裕の顕れ。ト云う事で一九二〇~三八年頃の好いパイプです。

 


resize5244.jpg resize5245.jpg resize5246.jpg 

こんな簡単に教えて呉れるのなら、ついでにクロスパイプロゴの変移とかグレードについてとか、あとこの謎の肌色の保護剤の材質とかも尋いときゃよかった、ト思ったけど、あんまりシツコに我侭を云うても悪いので、止めといた。ほら俺様奥床しい人柄なもんでさ。


resize5252.jpg resize5248.jpg resize5253.jpg 

Bulldog の絶妙のバランスで交錯する直線と曲線の素晴しさが、六角のパネルになる事で、その縁をさらに強調し、結果、フォーマルな印象が強まりながらもしかし、遊び心も躍るト云う、ステキな配分率。多分フランス人の仕業だろう。それとは別に、以前から何かに似ているなぁ、とボンヤり考えていたのだけど、先日 ANIMAX の機動戦士ガンダム三〇周年記念特別番組をなにげなく観ていて、ワカってしまった。ギャン。ギャンそのものじゃないか。


resize5249.jpg resize5247.jpg resize5251.jpg 

さてこの保護剤、剥さずに色々と詰めて試してみたんだけど、譬えば Yello-Bole の化学成分ぽい臭いも、また現行のものに好くある酸ッペさ(酸っぱい、とは微妙に違う、もっと軽薄な感じの舌触り)もなく、ト云うか強いて述べる様な特徴が何も無いのが、逆にもしかしたら保護剤としてはもの凄い好い素材だったりして。で、それを踏まえた上で極力保護剤の分をサッ引いて、派手さも極端な重さも無いし、何かしらの細工の気配もないんだけど、好いおダシの様な、滋味深いまろやかさとか香ばしさが鼻先で躍るワケで。保護剤でそういう処が強調されるとは思えないので、これは生味のアタリ、と考えて好いのではないだろうか。そうか、マ・クベが云ってたいいものって、壷じゃなくってコレの事か。<飛躍し過ぎてワカり辛い上に違います


Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。