スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[S] - Bent P

resize2084.jpgPeter Heeschen [S] - Bent P
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
52g 29mm 44mm 44mm 20mm 40mm 22mm 60mm 135mm 102mm
Left
nil
Right nil
Bottom hand carved
P. (logo)
in denmark   S
Top nil
Stem nil



resize2078.jpgresize2083.jpgresize2079.jpg

Oh yes Shu, I know - - that obedient men are happy men ! ! ! と三十路の入口でノるかソるかとオロオロしていた頃の自分に世の中の色々を教えてくれた Peter Heeschen の代表的シェイプ、Bent P。シャローでもナければクラッギーでもナい絶妙な塩梅でかけられたブラストは、スタンダードなカタさを保ちつつも独特の曲線で描かれたシェイプにぴったりと美しくハマっている。


resize2076.jpgresize2082.jpgresize2074.jpg

単に表面を粗したのではなく、しっとりと手に馴染むブラストの凹凸や、ブライヤよりは遅いだろうが徐々に色付いてゆくだろう継ぎ材のマストドン等、いつ迄も眺めていられる程格好良い。(実際の人物とは裏腹に?)お茶目なロゴの刻印も可愛いし。


resize2072.jpgresize2073.jpgresize2081.jpg

テノン開口部はかなり大き目に開けられ、リップ側のフレアも広く大きく開けられているので、エアフローはめっさ快適。緩やかに薄く加工されたショルダー部やエッジの効いたボタンのお陰で、全長の短さや実際の重さを忘れてしまう程、咥え易い。なによりも咥えていて一番目に入るこのハーフサドルの曲線といったら、んもうwww


Shu1.jpgShu3.jpgShu2.jpg

一本だけの注文やしナにより一見さんやし断わられるかそうでナくとも納期めっさ掛るんやろなぁ、と半ば諦めつつメルしてみたらなんとたまたまスムースで仕上げる予定だった Bent P が手元にあったらしく、依頼した三日後には「ブラストできたお」ト上の画像付きで返事が来たw ので速攻で近場の郵便局で送金手数料の安い一般振替口座(民営化後は無いのかな?)を開設して送金、んでその一週間後には届く、ト云う快挙。ちなみに画像の二本のうちの下の方を選んだ(その際の氏の返事が文頭のヒトコト)んだが、上の方所有してる人読んでませんか。


resize2080.jpgresize2075.jpgresize2077.jpg

メルによる遣り取りの合間に全然関係無い釣りアゲたカジキマグロの画像やワイン片手に自宅の庭で撮ったポートレイトを送り付けたり、海外発送していないアメリカのブレンダーの煙草のサンプルを呉れたり、トその愛すべき人柄もさるコトながら、行き過ぎる事なく耽美的で、また織り成す曲線と曲線の交差は繊細で、経年変化で染まって行く様も面白い。墓に持ってく一本。持ってくのあと一〇七本あるけどな。でもコレはかなりの上位。


スポンサーサイト

[YELLO-BOLE] - ... (Carburator)

resize2029.jpgKAYWOODIE [YELLO-BOLE] - ...(Carburator)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
38g 31mm 32mm 37mm 18mm 28mm 32mm 70mm 137mm 112mm
Left
KBB(in clover) Carburetor
          YELLO-BOLE
          U.S. PAT 2.082.106
          CURED WITH REAL HONEY
Right IMPORTED BRIAR
Bottom nil
Top nil
Stem (propeller logo)



resize2027.jpgresize2033.jpgresize2028.jpg

ねんがんの(ry


resize2030.jpgresize2031.jpgresize2032.jpg

シェイプナンバが無いのでどういう分類になっていたのか調べ様がナいのだが、現代ならばなんだろうシンメリブロウフィッシュトでも云うのだろうか(追記:パネルアップルだそうでつ)。ちょっと変わったでんでん太鼓の様な面持ち。火皿が楕円なワケでなし、側面が平らである必然性がよくワカんないので、もしかしたら埋め跡が若干見えるコトから、サイドに酷い埋めが出たので平らに削ったのかもしれん。よくワカらんが、もしそうだとしても埋め跡を無かった事にするべくパテの上から偽装するよりかは遥かにマシやろ。


resize2034.jpgresize2025.jpgresize2026.jpg

Yello-Bole である事とプロペラロゴである事のみで落札してみたんだが、手元に届いてアラ吃驚、Carburetor でした。Quick Time が上手くプラグインとして機能しないので詳細は読めないのだけど、一九三七年発行のパテントナンバー等辛うじて読める。しかし毎度思うのだけど古い Yello-Bole の刻印てめっさ細かいて、アメジンの仕事と思えんw


resize2024.jpgresize2020.jpgresize2021.jpg

薄く、まだ角が鋭角に残るリップは非常に快適。タールでゴッチャり固着したフィットメントも無事抜けた。ちなみにこれ  LHS のとホボ同じ形状。当時はこういうのが流行ってたんかね。


resize2022.jpgresize2018.jpgresize2019.jpg

そうならそうと出品時に云っといて欲しかった Carburetor、そうだと思っていなかったので心の準備が出来ておらずかなり慌てたが、OB スレや IRC で戴いた助言を元に、爪楊枝を差して栓をし、先端部分を残して残りを切除、んで、ねりけしでさらに封をする事で、SA も A/R も難無く熟せた。


resize2017.jpgresize2023.jpgresize2035.jpg

栓をしていた Carburetor 内部は画像の様にプラッチックの保護板を使ってバイスで固定し、無水エタノールを少し含ませたデンタルフロスでごっしごしと擦ってやったらほら奥さんこんなに綺麗に。ちなみにこのデンタルフロス、ボタンのキワに溜る茶色い汚れもアッー!!ト云う間に綺麗になるのでめっさ便利。諸説あるので想像に頼るから知的好奇心は刺激されるわレストアで色々ト工夫強いられるから面白いわそいで値段は安いわそして何よりも旨いわで、Yello-Bole はまじで恐しい。


Good Luck [...] ...

resize2009.jpgGood Luck [...] - ...
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
41g 30mm 42mm 37mm 19mm 30mm 33mm 56mm 130mm 107mm
Left
nil
Right nil
Bottom MADE
IN FRANCE
Top Good Luck
Stem nil


CTRL# SU-017
swap: ¥6,000
memo: 四本セットです(残り三本は下記 URL 参照して下さい)。ラスティック練習用とか白木に剥いてリ・ステインの練習用とかに。
http://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-105.html
http://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-179.html
http://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-99.html
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize2014.jpgresize2005.jpgresize2004.jpg

誰しも皆最初は初心者なワケだ。で初心者だからこそそれなりにしっかり悩み抜くワケで、逆にヘタに熟れたエンスーよりもむしろそのプロセスにおいて慎重だから、意外と良いモノを捕む確率は高かったりする。しかし一番厄介なのは、その中間の、所謂半可通。こういう奴は値段と Good Luck ト云う名前だけでパイプを選んだりするから、売る方も売る事を止めないし、んでまた店頭に並ぶから買う人も減らない。


resize2001.jpgresize2002.jpgresize2003.jpg

抜き差しし易くする為か先端が面取りされているテノン。ちょっと考えれば、モーティス内ギャップで逆に余計な対流が起るんじゃね、とワカりそうなモンだが、そんな事つい最近迄気付かなかった。ブ厚いリップも、巾の割には狭いファンネルも、ずっと、パイプなんてそんなもんだ、と思っていた。


resize2015.jpgresize2011.jpgresize2008.jpg

人が手で創るモノなのだからステムとシャンクに段差なんてあって当然、いーの、シェイプ格好良いし、なにより底部にはイッパシのエンスーの方達がヤンヤ云ってるバーズアイっちゅーのがビッシりやし。実際カーボンさえしっかり着けばなかなか旨いし。嗚呼タイムマシンがあったのなら、カーボンなんて本当に旨いパイプ吸ったことがない奴のオプションなんだよ、ト云う蓋し名言を、数年前のローテーション強化しか考えていなかった自分に教えてあげたい。ebay で同し金額かもっと安くでごっつええ Yello-Bole あるよ、ト。


resize2012.jpgresize2007.jpgresize2010.jpg

トかナんトかクサしているのは実はソんなトコではなく、画像の通り、本当はこの尋常でナい埋め跡。まだ使い始めた頃の事だが、何かの拍子に、コツン、と軽い衝撃を与えてしまった際にパラパラと何かが剥れ落ち、この埋め跡が現れた。コレってどうなんでしょうか。


resize2006.jpgresize2013.jpgresize2016.jpg

問題を整理しよう。埋め跡の偽装を見抜けなかった半可通な自分、それを製品として出荷するメーカ、輸入する商社、卸す業者、ソック無いんやけどこれサービスしとくわ、と別メーカのソックをおまけしてくれる店舗、皆、程度としてはホンの少し、ホンのチョットなんだろうけど、「安いモンやから」を免罪符に、ちょっとずつちょっとずつ間違ってきた結果がコレ。マサしく Good Luck 頼みだ。パイプは静かなブームかナんか知らんけど、静かなブームてそれ流行ってないて事やん。と漫画か何かで読んだ台詞を思い出させてたりして、色々考えさせてくれちゃう貴重な一本。


[PEBBLE SHELL] - X (2001)

resize1087.jpgAshton [PEBBLE SHELL] - x (2001)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
30g 26mm 34mm 40mm 19mm 34mm 45mm 73mm 139mm 118mm
Left
nil
Right nil
Bottom (X) Ashton       MADE IN
   PEBBLE SHELL ENGLAND21
               PAT NO 8515730
Top nil
Stem one dot (silver and briar inlay)



resize1080.jpgresize1077.jpgresize1083.jpg

普段ショップ等に並んでいる Ashton ばかりを見ているとこの小さくてカワユくてかつスマートな佇まいなパイプがまさか Ashton とは誰も信じまい、と独りで勝手に驚いた Ashton のパネル(?)ビリアード。


resize1081.jpgresize1079.jpgresize1084.jpg

此の様な小振りなサイズであってもラスティック部とスムース部とに分けて丁寧に細部に渡って文様が施されており、XXX とか LX とか MAGNUM とかそゆ大雑把でデカいパイプばかりト云うイメージはスッカり変わった。


resize1073.jpgresize1072.jpgresize1074.jpg

程良く柔くまたサッと拭えばキレイになる Ashtonite との相性は自分にとっては抜群の出来で、リップは薄くまたボタンは緩やかに面取りされている。刻印から二〇〇一年のモノとワカるが、今世紀に入ってから改心したのか。やっぱやればできる子やったんやん。偉いぞ。<見てません


resize1078.jpgresize1076.jpgresize1075.jpg

ちなみにこの "PAT NO 8515730" の詳細は esp@cenet に詳しく載っているが、要約すると、一定時間蒸気を当てて柔らかい木目を浮き立たせ、その部分をラスティック処理にて削り落した後、oil curing を施す、ト云う内容。ちなみのちなみに PEBBLE SHELL 以外にもこのパテントナンバーが打たれてたりするので、他のラインでも蒸気とラスティックよる表面処理が施されれば打つのか、気分によってなのか、は知らないが多分前者。


resize1082.jpgresize1086.jpgresize1085.jpg

軽やかに立つ香りと芯の太い甘味はめっさ好みド真ん中。今後も私独りで Ashton Ashton と騒いでおきますので、皆様におかれましては引き続きスルーの方向で是非。


[SHELL] - 120/9

resize1060.jpgDUNHILL [SHELL] - 120/9
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
39g 32mm 34mm 45mm 20mm 42mm 41mm 70mm 135mm 124mm
Left
nil
Right nil
Bottom 120/9 DUNHILL'S "SHELL" PATS.MAR.xxxx
    MADE IN ENGLAND & 1341418xxx
Top nil
Stem (white dot)



resize1062.jpgresize1071.jpgresize1063.jpg

あんまりぺらぺら話す必要無いですね。Dunhill の古い SHELL。たまりまへんな。


resize1070.jpgresize1061.jpgresize1067.jpg

八千年ぐらい雨風に晒されて自然とこう云う面持ちになったんじゃないか、と思わせる、ゴツゴツでもザラザラでも無い、強いて云うならば、ヌメヌメとした感触。あれ? 俺フケ専に片足突っ込んでる?


resize1056.jpgresize1057.jpgresize1065.jpg

でボウルから有機的なブラストの流れをバチっと切り替えてシャープにキマるステム。ドットは若干オフセンター気味なんだが、これって実はレア、ってどっかで見たんだけど、俺ダンヒルのマーケティングに嵌ってる? ト云うかこれリプレイスメントなのかな。ものっそぃ咥え心地快適でブ厚いの想像してたので若干拍子抜けした。


resize1068.jpgresize1058.jpgresize1069.jpg
出品情報曰く一九二六年頃だが、ブラストで一部消えて見えない刻印の全体を "PATS.MAR.9.15 &1341418/20" だとすると、一九二〇~二三年とも取れる。


resize1066.jpgresize1064.jpgresize1059.jpg

諸先輩方にとっては当然の事なのかもしれないが、コの頃は curing が洗練されて行く前の時代なのか、ト想像させる。所謂生味ト云うか、ドライなんだけどややホット寄りで、勿論ソレがハマる煙草なら最強なんだけど、何詰めてもウメー、トは行かず、 綿菓子製造機の味ト呼べる程顕著な独特の甘味は感じられなかった。個体差かな。


Neerup [SELECTION] - 1060

resize0026.jpgNeerup [SELECTION] - 1060
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
61g 33mm 43mm 57mm 21mm 42mm 44mm 72mm 141mm 130mm
Left
nil
Right nil
Bottom SELECTION
Neerup
Handmade
Denmark
1060
Top nil
Stem nil


CTRL# SU-010
swap: ¥5,900
memo: リムトップにムラあり。
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize0021.jpgresize0023.jpgresize0020.jpg

Peder Jeppesen のセカンドライン(?)、Neerup の(今ト成ってはやや珍しい)スタンダードなベントビリヤード。トは云ってもデカくまた細部は面白い造形と成っているので、スタンダードで括るのにはややツラいか。


resize0016.jpgresize0014.jpgresize0015.jpg

"SELECTION" のラインはユニークなシリアルナンバーが打たれているらしく、後々迄アフターサービスが可能ト云うコトで、手頃な価格も勿論そうだが、顔に布を掛けられるその寸前迄パイプを道具トして使う気満々な我々にとっては、なかなかに有難い。


resize0022.jpgresize0024.jpgresize0019.jpg

リムのスムース部分のラッカー仕上げの塗りムラやリップの開口部のやや粗い仕上(この辺りについては、前は安かってんからがちゃがちゃ云うなト思ってたけど…)と、アクリルステムの味気ナい質感さえ乗り越えられレバだが、全体的に太く長く大らかに用意された煙道のエアフローは非常に快適。


resize0025.jpgresize0017.jpgresize0018.jpg

スタンダードなシェイプ、シャローなブラスト、とシックでコンサバな外観とは裏腹に、兎に角デカいサイズやズ太いエアフローは、そのギャップが面白いのもサる事ながら、実用品トして十二分に機能してくれる安心感から、ついつい手が伸び、気付けば咥えている。キャラクタとしてナんの変哲もナいパイプだが、そう云う意味で咥えている事すら忘れさせつつ煙草の旨みを咥内へと誘うパフォーマンスは、皿洗いや洗濯物干し等システマチックな作業を強いられる際に最も重宝する一本である。<それ褒めとんか


Peter Matzhold [3D] - ... (1/8 apple)

resize0013.jpgPeter Matzhold [3D] - ... (1/8 bent apple)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
45g 27mm 42mm 45mm 20mm 36mm 27mm 68mm 139mm 114mm
Left
nil
Right nil
Bottom Matzhold
(logo)
Austria
3D
Top nil
Stem nil


CTRL# SU-012
swap: ¥33,800
memo: リングとスタンメルのステインの発色が若干違ってたり、トップに変色少々あったりします。
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize0007.jpgresize0003.jpgresize0010.jpg

もう局地的には大御所ト成るのだろうか、オーストリーの Peter Matzhold の 1/8 ベントアップル。実はイタリアのショップにあった全然別の作家のモノが欲しくて、悩んで悩んで、でよっさ、これ注文や、とメルした処売れました、ト返事があったので、ヘナヘナと地べたに伏し、ンナもんあんなけ悩んだんやけ何か買わいでおれんか、と半ばヤケクソで同店で衝動的に購入した経緯があったり。


resize0008.jpgresize0004.jpgresize0011.jpg

我々人間は雑食なのでその味覚の多くはむしろ味覚以外の部分での直感的感覚に頼りおもねってしまうワケで、そう云う意味でグレインの良さがそのまま平穏無事に旨さに直結するのだとすれば、この素晴しいグレインで D グレードてめっさ得した!絶対旨い筈!!


resize0001.jpgresize0002.jpgresize0005.jpg

"3D" ト云う事は二〇〇三年の D グレード、ト云う事で良いのだろうか。全体を通してやや細めの煙道だが、ステムの開口部、リップ、ト細部に渡って丁寧に形成されている。アップル大好き、小さいパイプ大好き、軽くベントしてるパイプ大好き、な自分にとっては、これ以上のパイプは無いのではナいか。逃した方のパイプは多分酸っパいに違いナい。そうだコのパイプこそが自分の為のパイプなのだ!!


resize0006.jpgresize0012.jpgresize0009.jpg

ト意気揚々と火を入れてみたが、うーん。いやいやいやいや。全然悪いトは思わんのよ。ほんま。めっさ格好エエなト。まるで絵に書いた様な美しいグレイン。美しいグレイン。美しいグレイン。うーん。ねぇ。うーん。あ。きっと俺が悪いんだわ。俺のパイプスモーキングスキル(ト云うモノがあったとして)が足りねんだわ。うん。きっとそうだ。そうに違いない。ト云うか、グレインがもたらす期待値と実感との間にギャップがあるんだわ。おお。それそれ。この値段でこのグレイン、めっさ得したわホンマ。


[...] - ... (tomato)

resize0100.jpgRad Davis [...] - ... (tomato)
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
61g 42mm 48mm 42mm 19mm 34mm 25mm 70mm 139mm 113mm
Left
nil
Right nil
Bottom RAD DAVIS
HAND MADE
USA
Top nil
Stem nil



resize0095.jpgresize0102.jpgresize0098.jpg

おそらく今最も注目を集めている新鋭(?)作家の一人なのではないだろうか。Rad Davis の tomato。サイドの膨らみや先端へのカーヴが一般的にいわれる tomato とは少し違うが、そこがまた格好良い。バルバスバウの美しい曲線みたい。起き上がり小法師みたく自立する。


resize0090.jpgresize0092.jpgresize0091.jpg

緩やかに内側へ向けベベルカットされたテノンの開口部、しっかりとした強度を保ちながらも程良く薄いリップ、最大限に有効化される様に広く大きく開けられたスリット。穿った見方をすれば、pipe smoking が人の手に拠って創り出されて以来十二分に時の経った今やソレは当然のコトだト云えば当然だがしかし、グレインの善し悪しト云う本来は副産物的評価対象が不幸にも主流と成った今、この丁寧な内部構造の造形は、理想郷への切符を手に入れたと同しぐらい喜ばしい事だ。<酔ってます

resize0097.jpgresize0101.jpgresize0096.jpg

Hand Made ト聞くトどうしても奇抜で珍妙な外観と云うイメージを持ってしまう(うそーん)が、この tomato ト云うシェイプ、実は手に取ってみると案外保守的ト云うかコンサバで安定しており、そこに加えてコのエンジニアリングの丁寧さ、オールドブリティッシュの緻密さとデーニッシュの機能美の双方をしっかりと捉えて現代へと紡いでいてこの価格帯やから、そら売れるわ。


resize0093.jpgresize0099.jpgresize0094.jpg

その肉厚さから結構重いのだがその重さをまったく感じさせない絶妙なベントの角度も素晴しい。二〇〇七年は特にそのラステック/サンドブラストの仕上の絶妙さが評価されている様だがしかしその割には設定価格の急激な変更も見られない。なんていい人だ。その安心感、狂信的な信者を作らずに上手に徐々にリピータを増やし続けているのも頷ける。氏の web shop 時々 DNS の関係かウチから繋がらないコトあるんだけどね。


Stanwell [LEGEND] - 186

resize0081.jpgSTANWELL [LEGEND] - 186
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
65g 34mm 48mm 55mm 21mm 48mm 33mm 65mm 141mm 115mm
Left
nil
Right 186
Bottom STANWELL
MADE IN DENMARK
LEGEND
Top nil
Stem S logo (gold with crown)


CTRL# SU-014
swap: ¥5,000
memo: ステムのマーク消えかけてます。
2008年9月15日 swap へカテゴリを移動しました。
swap の詳細はhttp://shuzed.blog104.fc2.com/blog-entry-258.htmlを参照して下さい。


resize0082.jpgresize0080.jpgresize0083.jpg

そもそも何故 Stanwell かト云うト、単純明快、ステムのロゴのが自分の名前のイニシャルと同しだから。そんだけ。S ならナんでも良かったト云うか、それこそ Savinelli でも Ser Jacopo でも Spanu でも Sag(ry 兎に角、現在でも矢張り S で始まるメーカや作家に対しては若干過剰に反応してしまうんだが、pipe smoking ト云う行為にハマり始めた頃自分の中でホットだったのが、この王冠冠ったロゴを持つ Stanwell だったト。


resize0079.jpgresize0078.jpg煙草を多く詰められる様に火皿は高く、形状は握り心地の良い様に丸く、咥えたバランスの良いベント、とサンザ迷って、186 ト云うシェイプに決めた。三〇本目かそこいらで、ああもうマイベストシェイプに出会ってしまった、ト決め付けて。あん時で止めときゃ今となってはそんなに魅かれないのは何故だ。ちなみに LEGEND ト云うラインは、柘製作所に同名のラインがあるからか、国内ではあまり見掛けない。


resize0076.jpgresize0075.jpgresize0077.jpg

で肝心のステムのロゴは mfbs 時に養生が足らず無様な姿に。あーあ。それは置いといても、全体的なサイズの割にはやや細めの煙道でテノンやモーティスの加工は丁寧なのだが若干エアフローに不満が残る。


resize0086.jpgresize0084.jpgresize0085.jpg

シンプルで明めのステインの持ち味かそう大きくは感じないが、実際は結構大きく、その割には小さな埋め跡が一箇所のみなのは、流石 Stanwell。これで他を蹴散らす程旨ければ文句無しだが、世の中そう上手くは行かないワケで、流入不足でつい強めに焚いてもクールでドライなのは良いんだがどうしても厚みがまったく出ない。シャグ系だと丁度良いんだろうけど、あれをこの大きな火皿に詰めてもなぁ。


resize0088.jpgresize0089.jpgresize0087.jpg

トつべこべ足らない何かを探す日が来るとは、購入した当初は思ってもみなかった。嗜好品の醍醐味は自分の中でのその評価の浮き沈みを愉しむコトに在るトは思うがこの変化は何だろうか。トか考えながら、スリーブに仕舞って箱に収める秋。俺は本当に物持ちが良い。


[STRAIGHT GRAIN] - 84K

resize3495.jpgBen Wade [STRAIGHT GRAIN] - 84K
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
26g 27mm 35mm 38mm 19mm 32mm 36mm 77mm 144mm 121mm
Left
Ben Wade
"STRAIGHT GRAIN"
Right MADE IN LEEDS 84K
ENGLAND
Bottom nil
Top nil
Stem (Ben Wade)



resize3491.jpgresize3490.jpgresize3489.jpg

Charatan 期のがドうしようもなく旨くなかったり、虎視眈々と狙っていた Leeds 期のを預って貰ったり、とさんざ縁のナかった初號機和田勉コト Leeds 期の Ben Wade。丁度 apple ト云うシェイプ自体に目覚めた時だったので本当に丁度良かった。
resize3486.jpgresize3487.jpgresize3488.jpg

元々の状態は悪くなかったが大部分がバフアウトされていて兎に角刻印が薄い。Leeds 期の特徴であるメーカ名刻印を括る枠は見えるが、上部にあるべき紳士の横顔がどう頑張って見ても米にしか見えなかったり、POS もシェイプナンバもあまりハッキりとは見えなかったり。


resize3485.jpg更に残念なのはステムのホットスタンプ。辛うじてメーカ名刻印と同じ形のものが打たれていたのだろな、と予想出来る。



resize3484.jpgresize3483.jpg特筆すべきはボタンの形状で、両角が丸く加工されていてなかなか面白い。Charatan 期の和田勉のボタンも(ややカクカクとはしているが)コレに似て両角が面取りされていたりしたので、これは Leeds 期後期やそれ以降の和田勉の特徴なのかもしれない。テノンはシンプルな一段でシャンクとほぼ同じサイズで連続性のある開口部を持つが、せっかくの煙道がリップ側に向かって非常に細く加工されているので、エアフローはややもするとストレスを感じるかも。



resize3492.jpgresize3496.jpgresize3498.jpg

刻印のバウアウトやリムトップのノッキング跡から相当使い込まれたモノと想像出来る。ぷりんトしたヒールからすぅっと伸びたシャンク、そこから連続してやや長めに取られたステムは非常にスマートな印象で、化粧っけは少ないながらも良く見るとけっこう美人で一生懸命働くその姿にドキドキさせられるコープさんのレジのお姉さんの様だ。<よくわかりません



resize3493.jpgresize3497.jpgresize3494.jpg

STRAIGHT GRAIN トはあるが然程目を魅く様なグレインでもナいので、恐らくフロウの無いモノがこのグレードに選ばれていたのではないかト思われる。やや辛口寄りな割にはクセを抑圧する様で、良く云えばクールでライトだが、コクや雑味をひっくるめて愉しむタイプの煙草を詰めるのにはもしかしたら向いていないかもしれない。


[SHELL] - 56

resize0038.jpgDUNHILL [SHELL] - 56
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
43g 30mm 35mm 48mm 19mm 41mm 45mm 74mm 141mm 132mm
Left
nil
Right nil
Bottom 56 DUNHILL    MADE IN   4S
  SHELL BRIAR ENGLAND6
Top nil
Stem (white dot)



resize0036.jpgそろそろ Dunhill を集め始めてももうバチは当らないのではないのか、いや自分は未だ未熟者、もう少し精進してから改めて Dunhill の門を叩くべきだ、いやいやそう云っておきながら明日豆腐の角に頭をブツけたり馬に蹴られたりでもしたらどうする、ト云う独り押し問答をしつつ、まぁ四の五の云う前に、とりあえずこれぐらいの値段で誰かが落札したら腹立つよね、ト云う金額で入札してみたらば、それ以下の金額であっさり落札出来た Dunhill の SHELL、YOB 流に云えば the bent of the bent の 56。


resize0035.jpgresize0034.jpgresize0033.jpg

昼食直後はどうしても胃に血流が集中してしまい、朦朧としてライトの当て具合がナんかオカしいコトになっているが、刻印全てパリッと残っている。パテント無しの小さい "6" ト云う事で一九五六年だから、パテントナンバーが打たれなくなった翌年、ト云う事か。


resize0032.jpgresize0031.jpgresize0041.jpg

インナーチューブ用に大きく開けられたテノンとモーティス。判り難いかもしれないが、アルコールで湿らせたペーパータオルを強く突っ込んでみた処から見える様に、このテノン開口部は、近年のフィルタ仕様のそれとは違い緩くテーパが掛っているので、鋭角な構造から対流が強く起る、ト云う事は無い。(開口部フレアはやや狭い気もするが)リップも薄過ぎず厚過ぎず。


resize0040.jpgresize0037.jpgresize0039.jpg

幸か不幸か近年の Dunhill をまったく知らないので比べ様が無いのだけど、これホントにアマいの。あたまいたくなるぐらいあまいの。なんで? いや確かにシェラックこの二カットのピカり具合はちょっと濃過ぎたけどそんなん味に関係無いやん? s-f さんにダブルパテント吸わせて貰った時程のショックは無かったけど、このお上品な最中の様な舌触りと歯茎に残る昔懐しいクドさはナんだ。ト益々みなし貯金(国内流通価格と海外通販の差額や勝てなかった出品への入札価格を貯蓄と見做す事)にハゲもうと心に決める秋の空。


Altinok [Pipes for Professionals] - Scallop

resize2668.jpgAltinok [Pipes for Professionals] - Scallop
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
49g 29mm 53mm 56mm 22mm 45mm 42mm 77mm 160mm 130mm
Left
nil
Right nil
Bottom nil
Top nil
Stem nil




resize2663.jpgresize2669.jpgresize2667.jpg

一家に一本メシャムパイプを、と色々と捜していて、丁度良さそうなのを見付けてしまい、二〇〇六年の誕生日にコレを発注。ご存知の通り毎度の紆余曲折(注文したのに届かない→彫師が病気でしたので今別の彫師に彫らせている処です→発送しました→全然別のが到着→返送の一ヶ月少々)はあったのだが、まぁそれもまた愛嬌、愛着もワくト云うもの。


resize2656.jpgresize2655.jpgト思ってはいたものの、トルコ政府によって一九七八年から原材料の輸出が禁止され、加工製品は全てトルコからのみの輸出ト云う事で国際的な市場競争に晒されて来なかったが故か、ステム廻りの造形が酷く、また 9mm フィルタ用に開けられたモーティスとテノンによって起る対流過多から来る水分の付着も不愉快で、しかし使わねば染まらないし。取り敢えずステムは自分で削ってみたが、そもそもアクリルがコツコツしてて気持ち悪いし。うーん困った。


resize2670.jpgト云う事で 331C のリペアを頼むついでに簡単な図面と共に WBW に、9mm フィルタから non-filter のコンバート、材質はヴァルカナイトで、さらに無駄に長く不細工でバランスが悪かったので心持ち短かめで、ト云う内容でリプレイスメントを依頼。これで $21 て安ない?


resize2672.jpgあまりにもブ厚くブ細工だったので自分で削ったリップは、その厚みだけを参考にして貰ったり。ブ細工で何の効果も考えずただ見様見真似で削ってみましたなスリットは絶対に参考にしないでくれって頼んだ処はその通り見るからに快適そうな幅広で程良いサイズに。


resize2660.jpgnon-filter 対策としては、エアーフローが緩やかに細くなる様、テノン開口部に写真の様な加工を施して、デルリンのブッシュの嵌ったモーティスは触らず。


resize2659.jpgresize2658.jpg全体的にも左の様な長たらしい状態から右の様にスッキりとした印象に大変身。図ってみたら最初に画いた図面通り。ナイス俺。


resize2657.jpgト調子にノっているト、案の定また問題が。ハードケースも同封して依頼したのだが、そこに甘えが出てしまったか、WBW もシャンクにステムを差した状態で発送してしまい、恐らく輸送途中にヒビ発生。元々テノンの材質がデルリンだった事、フィルタ用に開口部が大きく開けられていた事、等から、そっくりそのままのサイズでヴァルナイトで作ってしまうとアソビ用の柔軟性が減る為、新しいテノンではシャンクに負担が掛ったのだろう。


resize2664.jpgト云う事は無事届いていたとしても自分の手で割っていただろうト云う事なので、まぁ単なる連絡のつもりでメルしてみた処、日本からの再発送費も持つからスグ送り返してクレそんな仕事俺は絶対に許せない、となんともまぁ漢っポい連絡。ええやっちゃ。で、先日接合修理も無事終り、晴れて手元に届いた。


resize2671.jpg兎に角タール分がより多く出るであろうキャヴェンデッシュや着香系ヴァージニア等を中心にほぼ毎日連投してきたが、染まりはこの程度。どうもワックスにエナメル系を使用したのか、蜜蝋によるリワックスが浸透せず、Halcyon II も然程効かず。もうただただ吸うては眼鏡ふきで磨くの繰り返し。



resize2665.jpgresize2662.jpgresize2666.jpg

思う様に染まるにはあと一万年と二千年、八千年過ぎた頃にやっと落ち着きが出るのだろう、と色付きについては諦めた。もう少しシャンクが汚れて臭いを放つ様になってきたら、SA やら A/R やら、あと活性炭オーヴンメソッドやらを試してみる予定。ト云うか色付きよりもむしろそっちの方が愉しみになってきていたりするw


more»

[BEST MAKE] - 26

resize0428.jpgLillehammer (G. Larsen Pipefabrik) [BEST MAKE] - 26
Weight Width
(min)
Width
(max)
Height Bore Depth Shank Stem LOA Airway
30g 29mm 31mm 52mm 18mm 45mm 56mm 63mm 148mm 127mm
Left
LILLEHAMMER(arch)
GL
BEST MAKE
Right MADE IN NORWAY
Bottom 26
Top nil
Stem nil



resize0432.jpgresize0434.jpgresize0433.jpg

「ほほぅ、トッパー気味なボウルですな」
「中々のトッパーですよね」
「確かに、聞きしに勝るトッパー加減ですのぅ」
「トッパー、ココに極まれりってな感じも受けますね」
「ですな。そうそう、ところで先日行った旨いイタメシ喰わせる店なんですけどね云々」
ってな会話が聞こえて来そうなチムニー。


resize0427.jpgresize0424.jpgボタン部の窪みはバフアウトしたからかハッキりとは見えないが、僅かに面取り成形されていた事が確認出来る。


resize0425.jpgresize0426.jpg同シェイプの所謂生 GL と比べてみてなんとなくワカったのは、フィニッシュのステインの濃淡。但しグレードが上がるに連れて明るくなるか、ト云うと SUPER EXTRA がそうでもないので、もしかしたら BEST MAKE にのみアプライされていた色なのかもしれない。


resize0429.jpgresize0431.jpgresize0430.jpg

何れにしても以前 Lillehammer のグレーディングはグレインの善し悪しに拠るなんつって書いたけどそれは多分間違いで、単純にフローの数、フローの有る無しに拠るんだろうと今回強く思った。丁寧なシェイプ形成やステムも全グレード共通で、単にフローがアるかナいかで分別され、木目の流れや密度や文様なんか多分選考基準にすら入ってなかったんだろう。だって同じシェイプの生 GL の方が見た目としては俄然格好良いもん。そのあたりの、美術品としての仕上りでなく、製品としての仕上りを大事にしてたっポい処が Lillehammer は格好良い。このヒールの丁寧な R なんてもうタマラんでそ。


Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad

まとめ
Copyright © Leap of Faith 出張所 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。